公開日: 更新日:

機内食に満足!アシアナ航空ビジネスクラス搭乗記 パリ編 2018年10月

マカロン

2018年10月6日~21日までの2週間、長期勤続のご褒美休暇(パート1)をいただいてアイスランドとフランスの旅行をしました。その際にパリまではアシアナ航空を利用しましたので搭乗レビューを綴りたいと思います。主に機内食の写真紹介ですが、よかったらご覧ください。

アシアナ航空ビジネスクラス搭乗記 成田~仁川~パリ

私はANAのマイルとプレミアムポイントを貯めています。今回の旅もスターアライアンス系の航空会社を利用するつもりでよりよい条件の航空会社を探した結果、アシアナ航空を利用することとなりました。

アシアナ航空を選んだ理由

そもそも、アイスランドに行くことが主たる目的でフランスは後付けでした。どうしてもスターアライアンス系の航空会社を利用したくて、それを条件にアイスランドまでの行き方をいろいろ模索していました。

アイスランドはEU加盟国ではありませんが、シェンゲン協定国なので、入国手続きを1回で済ませたい、ということをメインに考えていました。

  • 欧州は長時間フライトなので、できるだけ快適に行きたかった
  • 2019年度のANAダイヤモンド獲得を目指していたので、プレミアムポイントを計算してみると、この旅行でビジネスクラスを利用すれば到達できることがわかっていた
  • ビジネスクラスは高いので、安いチケットを探しまくったらアシアナ航空がヒットした
  • 乗継時間も短くて、ベストな選択だった。

さらに、楽天ポイントがたくさん貯まっていたので、楽天トラベルで予約することができるフライトであれば、1回の買い物で最大の30,000円引きで航空券を購入することができる!

いろいろな条件が合致して選んだのはアシアナ航空のソウル(仁川)経由のパリ行き、ビジネスクラスのフライトでした。

成田から仁川経由でパリCDGへ

台風の心配がありましたが、欠航をさけることができ、無事にパリまで到着できました。

UNITED CLUBラウンジ

9:00のフライトで朝早く、搭乗手続きのカウンターオープンが7:00でしばらく待った後、すぐにビジネスクラスレーンでチェックインできました。

今度はGOLD TRACKが開くのを待ち、7:30に保安検査と出国手続きを済ませ、搭乗口に近いUNITED CLUBラウンジで搭乗時間を待ちました。早朝はガラガラで、手巻き寿司などを軽くいただきました。

United Club Narita

本当はANAのスイートラウンジも使えたのですが、搭乗口からが遠かったのと、UNITED CLUBに入ったことがなかったので今回はこちらのラウンジを利用させていただきました。

成田-仁川間の機内食

搭乗すると、クルーの方が挨拶しに来てくださり、ウェルカムドリンクをいただきました。朝なのでオレンジジュースをチョイスしました。

フライト時間が2時間という短い時間ですが、アシアナ航空のビジネスクラスでは食事が提供されました。1トレイメニューですが、韓国食か洋食かを選べるようになっていました。出発が9:00で早い時間帯だったのでメニュー内容としては朝食でした。韓国食を選択し、韓国粥をいただきました。鶏肉のほぐし身も入っていて、食べやすくて優しい味のお粥でした。美味しかったです。

2時間はあっという間で到着してすぐにアシアナラウンジへ向かいました。パリ行きの便の乗り継ぎが1時間なので、その間も少しだけですがラウンジでくつろぎました。この便を選んでよかったと思ったのは乗り継ぎ時間も短くて、待ち時間が少なく済んだことです。

機内食は後程、YouTube動画のリンクを紹介しておりますので、そちらでぜひご覧ください。

仁川-パリ(CDG)間はフルフラットシートで快適な空の旅

この日は台風が微妙な位置にいて、下手すれば韓国を直撃するルートにいました。幸いにも日本海側へ向きを変えてそれていきました。でも、風が強かったのでちゃんと飛んでくれるか心配でしたが、予定通りに飛んでくれました。

搭乗したのはB777-200の機体で、アシアナ航空のビジネスクラスは「ビジネス・スマーティウムクラス」という名前が付けられています。全席通路側に出入りが自由にできるようにシートが設定されていて、しかもフルフラットシートになります。

asiana-B777

事前に座席指定ができたので、「K2」を指定しました。座席に着くとキャビンクルーの方が挨拶しに来てくれました。しかも欧州行き路線なのに日本語で話しかけてくれたのには驚きました。

早速、ウェルカムドリンクをいただきました。今度はもう昼だし、12時間のフライトで長いし、シャンパンをいただきました。

アシアナ航空

シートは車のシートベルトのように、腰の位置だけでなく体も固定するようになっていました。

アシアナ航空

どこにはめればよいのかわからなくてあたふたしていたら、クルーの方が手伝ってくれました。

お楽しみの機内食

往路は韓国食をチョイスしました。機内食の写真がとても多かったのでスライドショーにしてYouTubeにアップしました。こちらの動画には往路の機内食を集めてみました。長くないのでよかったらご覧ください。

機内エンターテイメント

お腹が満たされ、エンターテイメントをチェックしました。残念ながら日本語の映画は「ひるなかの流星」のみでした。とりあえずはそれを見ましたが、残りはFire HDタブレットにダウンロードしておいた映画を見ました。12時間の長旅ですが、ここで眠りすぎると夜、眠れなくなってしまうと思ったので、できるだけ起きていました。長時間旅行にFire HD+プライムビデオは欠かせないアイテムです。

プリペイドSIMカードをセット

パリに到着したら入国審査を受けて空港近くのホテルに向かう予定だったので、機内でSIMカードの入れ替えをしておきました。

Three SIM

今回の旅行は2週間と長く、2か国の旅だったので、イギリスの「Three」というプリペイドSIMを選びました。30日間有効でデータ12GB、通話3000分(こんなに使わないけど)つきで2,200円でした。オプショナルツアーにたくさん申し込んでいたことや、アパートメント滞在が多かったこともあり、何かあったときにこちらから電話をかけることも電話を受ける可能性もあることを想定してこのSIMを選びました。

データが12GBついているのですが、イギリス以外は3G回線というところがネガティブポイントでしたがGoogle Map使う分には問題はなく、アイスランドのGLAY LINEのツアーバスにはWiFiがついていたのでそれほど困る状況はなかったです。

パリ(CDG)から仁川経由で成田へ

出国審査を終えて、ラウンジで過ごしました。保安検査場出たところにラデュレがあってマカロンを買っちゃいました。そのラデュレショップの先にラウンジがありました。搭乗口まで遠いので時間に気を付ける必要がありましたが、でも利用してみようと行きました。

CDGラウンジ席

夕方のラウンジは大混雑で座る場所を確保するのも大変でした。隅っこにカウンター席を見つけてそこで少し飲み物をいただきながら搭乗時間を待ちました。

キャビンクルーはとっても親切

搭乗して座席に着くと、挨拶しに来てくれました。そして、なんとまた日本語で挨拶してくれました。やっぱり日本語を話せるクルーが多いのかな?って思いました。男性のキャビンクルーもいて、この方も日本語を話すことが出来ました。

お楽しみの機内食

帰国便の機内食はディナーでした。行きは写真を撮る前にメニューをさげられてしまったので、今回はしっかり写真におさめました。これは韓国食のメニューです。

アシアナ航空メニュー

ラーメンを食べて濃口に満足した後だったので、洋食をチョイス。魚を食べていなかったのでメインはたらの焼き物をいただきました。メインのたらにパプリカソースがかかっていて、濃厚なソースが白身魚にマッチしていて美味しかったです。さすがフランス出発なので、パンがまた美味しかったのです。帰国便も写真をスライドにしましたのでよかったらご覧ください。

帰国便は夜出発だったので、フルフラットシートで睡眠がとれるのはありがたいと思いました。食事が終わると消灯されたので、すぐに眠りにつきました。

ソウル到着前に軽食をいただきました。仔牛のシチューをチョイスしました。柔らないお肉の入ったシチューは久しぶりで、これまたとっても美味しかったです。

フランス発なので、「間食」の欄に「フランス菓子(マカロン)」と書かれていたのを見逃さなかった私。しっかりと軽食の後にリクエストしてマカロンもいただきました。

マカロン

マカロン大好き!!しかもフランス発なので味は間違いない! 美味しいっ!!!

仁川-成田も帰国便はフルフラットシート

機材到着遅れで出発が2時間くらい遅れましたが、無事に仁川発成田行きに搭乗しました。

ラウンジで待つことができるのでありがたかったです。帰国便は777-200で、行きの便とは異なり「ビジネススマーティウム」のフルフラットシートでした。

この帰国便では夕食で牛フィレステーキをいただきました。短時間路線なので1トレイメのニューですが、ボリュームたっぷり!ビジネスクラスの機内食で一度はステーキ食べたいと思っていたので、最後のフライトでいただけて良かったです。

まとめ

アシアナ航空は今回の旅行で初めて利用しました。ビジネスクラスの食事は前評判通り、チョイスしたものはどれも美味しかったのでレベルが高いと思いました。フランス発と言うのも美味しい食事をいただくのに重要なポイントだと思いました。

キャビンクルーの方はみんなとても親切に対応してくれました。日本語を話せる方がたまたま?パリ便にも乗っていたので、挨拶は日本語でしてくれました。挨拶以外のシチュエーションでは基本的に英語でしたが、韓国の飛行機でしかも仁川とパリを結ぶ便で日本語を話してくれるとは想像していなかったので、気遣いをしてくれてとっても嬉しかったです。

欧州便は早めに予約するとビジネスクラスは30万円くらいで予約ができました。アジアの飛行機を使って欧州に行くのは十分ありだと思いました。お得なビジネスクラスチケットを探してみてください。スターアライアンスなら、アシアナ航空、エアチャイナのビジネスクラスはコスパよくて修行にもおすすめです。

機内エンターテイメントは日本語対応の映画が邦画1本のみでした。長距離移動でも楽しめるようになにか持っていくことをおすすめします。Fire HD に映画をダウンロードしておくことでオフラインでも映画を楽しめるので特にオススメです。Fireに映画を15本ダウンロードして持っていきました。旅行中、テレビの代わりに映画みたりもできて、私の旅になくてはならないグッズです。

こちらに商品のリンクをご紹介しておきますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

旅の計画はこちらの記事で紹介していますので、どんな旅程でどんなところに行ったのか興味があればぜひ読んでみてください。

アイスランド&フランス旅行 一人旅の計画編 予約・費用などまとめ