公開日:

ヒルトン東京お台場 ラウンジ利用可能!エグゼクティブツイン宿泊記 2020年10月

こんにちは、Smiley Travlerです。

2020年10月の週末を利用して、ヒルトン東京お台場ホテルに宿泊してきました。GoToトラベルを活用させていただき、リーズナブルな値段で宿泊することができました。

この記事では、宿泊記として以下の内容についてまとめています。

  • エグゼクティブツインルームを写真で紹介
  • エグゼクティブラウンジの様子
  • GoToトラベル適用方法と地域クーポンの使い道

最後までぜひ、ご覧ください。

ヒルトン東京お台場のエグゼクティブツイン

今回予約したのはラウンジが利用できるエグゼクティブルームで、2名での宿泊だったのでツインルームを予約しました。

アプリでツインの部屋で空いている部屋が1016だったので、こちらを選択して、前日にオンラインチェックインをしておきました。

チェックインカウンターの待ち列が長くなっていましたが、ヒルトンオナーズ会員専用のレーンに誰も列んでいなかったので、そこで待つとすぐにチェックインカウンターに優先的に案内してもらいました。

ヒルトン・オナーズに登録すれば優先レーンを利用できるのですから待ち時間の短縮につながりますし、GoToトラベルの効果もあってか週末の宿泊者は特に多くなっているので待たずにチェックインできるのはアドバンテージだと思いました。

それではツインエグゼクティブのルームツアーに行きます。10階の1016号室、シングルベッドが2台のツインでした。

ベッドサイドには、コンセントがしっかりあります。お水とグラスもこちらに置いてくれました。

テーブルと椅子がバルコニーの方を向いているのがいいですね。湾岸エリアの風景を満喫できます。

デスクもありまして、ここでパソコン作業を少ししました。

バルコニーからの眺めは目の前にレインボーブリッジと東京タワー!

夜景の方がわかりやすいですね。雨上がりの夜景はこちら。。

室内に戻って、バーカウンターです。メインの部屋に入る前にあって、ネスプレッソやお水もちゃんと提供してくれました。

冷蔵庫には何も入っていないので、買ってきた物を冷やしたりするのに利用する感じですね。

そしてバーカウンターの横にクローゼットがあります。

パジャマやスリッパもクローゼットに置いてありました。

最後にバスルームです。メインルームから丸見えなので、扉を閉めて利用します。

洗面台にはヒルトンホテルではおなじみのバスアメニティがしっかりと。

全体的にきれいに清掃されていましたので、不便さもなかったです。テレビのリモコンもこのように消毒済みであることがわかるようになっていました。コロナ禍なので、ホテル側も大変だと思いました。

 

エグゼクティブ・ラウンジ

エグゼクティブ・ラウンジは3階にあります。チェックインした日にティータイムとカクテルタイム、翌朝は朝食をいただくためにエグゼクティブ・ラウンジを利用しました。

アフタヌーンティー(14:30〜16:30)

15:30くらいにラウンジに行ったところ、まだ自由に席が選べる状態で比較的空いていました。

どんより、雨模様でちょっと残念でしたが窓側に近い席を選びました。

ビュッフェコーナーにドリンク用のグラスとコーヒーメーカーがあり、好みのドリンクやちょっとしたスナック類をホテルから提供される手袋をはめて取るように説明がありました。

デザートプレートを持ってきていただきました。

久々に会った会社の先輩と宿泊したので、積もる話は尽きることなく、そのままカクテルタイムに突入しました。

カクテルタイム(17:00〜19:00)

カクテルタイムは人が多くてかなり混雑していました。まずはシャンパンをいただきました。

オードブルを提供いただきました。オリーブやポップコーンなどはカウンターから自分で好きなものを取りますが、種類はオリーブ、ポップコーン、プレッツェル、ナッツのみです。

赤、白のワインもいただいて、おしゃべりをしていたらあっという間にラウンジの終了時間になってしまいました。

朝食(7:00〜10:30)

週末だったので、ラウンジで朝食をいただきました。ビュッフェスタイルです。9:30頃に行ったら一番混んでいて、テラス席でいただくことにしました。寒かったので膝掛けを貸していただきました。

ビュッフェコーナーもすごい人がたくさん。。

なんとか、いろいろとってきて寒かったけど朝食タイムをゆったり過ごしました。テラス席は見張り番がいないとすずめがおかずを食べてしまうので要注意です。

GoToトラベルの登録と地域クーポンの使い道

今回は国内ヒルトンホテル30%オフキャンペーンを利用して直接予約をしたので、STAYNAVIに登録しました。

ヒルトンホテル東京お台場はSTAYNAVI利用ですが、それ以外のヒルトンはGoToトラベル専用サイトからの予約が必要なので注意が必要です。

今回、6,000円分の地域クーポン券を紙クーポンでチェックイン時に発行していただきました。先輩と3,000円分ずつ分けて、それぞれ買いたい物を買うことにしました。

実家に帰るために、お茶菓子としてマカロンを買って帰りました。2,280円でしたが、地域クーポン券で購入の場合は2,000円にしてくれましたので、使い勝手がよかったです。

残りの1,000円分は翌日の食材を買い出しするために、「まいばすけっと」で利用しました。

ヒルトン東京お台場に直接予約してGoToトラベルを利用する場合は、STAYNAVIへの登録が必要になりますので、お忘れなく。。

STAYNAVIの登録の仕方はこちらの記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

GoToトラベルキャンペーン:STAYNAVI登録方法解説!ホテルステイをお得に!

まとめ

今回ラウンジが利用できるエグゼクティブルームで、2名での宿泊だったのでツインルームを予約しました。ヒルトンホテルが9月25日まで限定で30%オフキャンペーンをしていて、さらに東京がGoToトラベル対象になったことから、週末でしたが破格で宿泊することができました。

ラウンジは週末ということもあって、カクテルタイムと朝食時はとても混雑していました。アフタヌーンティーやカクテルタイムはお料理を提供してくれて、スナックやドリンクは自分で選んで注ぐ形式で、朝食はビュッフェだったのでさらに大混雑でした。

朝食はラウンジより、ダイニングでいただく方がひょっとしたらよかったかもしれません。

地域クーポン券はホテル内のレストランでも利用できますが、部屋付けにしてあとからクーポンを使うことはできないので、必ずレストランでの会計時にクーポンを利用しましょう。もしも差額の支払いがある場合は、その分を部屋付けにしてもらうといいと思います。

今回の宿泊費用などをまとめてみました。

  • ホテル:ヒルトン東京お台場
  • 宿泊日:2020年10月17日(土)~1泊
  • 宿泊費:27,374円(GoToトラベル適用後価格、適用前は42,113円)

一人当たり、13,687円で宿泊できました。土曜日なのに安くて驚きました。

旅行会社のオンラインサイトでも予約ができますので、お得なプランをぜひ探してみてください。旅行会社のオンラインサイトで予約した場合は、STAYNAVIに登録する必要もないのでお手軽ですね。