楽天UN-LIMIT+楽天ひかりで通信費を大きく削減!節約効果の実態は?

こんにちは、にこ(@TravelerSmiley)です。

通信費は毎月かかる固定費の中でもけっこう大きな部分ではないでしょうか。スマホの通信費、自宅の通信費、年間で計算するとけっこうな金額を払っていると思います。

政府の方針を受け、多くの通信事業者が携帯電話利用料の値下げを行いました。

楽天モバイルもそれに追従するように、使った容量で月額費の請求額が決まるシンプルなスタイルになりました。容量の変更をいちいちする必要なく、使った容量で請求されるという具合ですね。

ところで自宅の光回線はどうですか?

在宅勤務でのオンラインミーティングや趣味で制作しているYouTubeの動画アップロードをするために、光回線はなくてはならないものになっています。

そこで、現在の光回線の費用を見直し、契約を楽天ひかりに変更することにしました。

この記事では、フレッツ光(マンションタイプ)を転用し、楽天ひかりに切り替えるために行ったこと、通信費をどのくらい削減できるのか、その内容を紹介していきたいと思います。

  • 楽天モバイル、楽天ひかりを検討しているけど、実際どうなの?
  • 通信コスト削減したいけど、どのくらい削減できるの?

新規で光回線を利用したいと思っている方はもちろん、特に転用で光回線のコストを下げたいと迷われている方の参考になると思いますので、ぜひ最後まで読んでいただけたら幸いです。

楽天UN-LIMIT契約者は楽天ひかりが1年無料!

楽天UN-LIMIT楽天ひかりを両方契約することで、楽天ひかりの月額利用料が1年無料になるというキャンペーンが2021年から始まりました。

これを見たとき、NTT東日本とのフレッツ光の契約(2年縛り)期間中でしたが、1年間0円は非常に大きな固定費削減になると考えました。

契約違約金が発生しますが、それを支払ったとしても約9ヶ月間は無料で利用できるので大きなメリットになると試算して確認できました。

そして、2021年4月15日に転用申込をして、翌月10日に楽天ひかりに契約を変更することになりました。

楽天ひかりのトップページの下の方に料金シミュレーションがあります。今回、我が家のケースは以下の通りの選択になります。

結果をみてみましょう。

手続き費用は発生しますが、1年間月額利用料0円は非常に大きなメリットです。

通信費の削減効果の詳細算出は後述していますので参考にしてみてください。

自宅の通信費に毎月どれくらいの費用はかかっているのかよい機会だと思うので、ぜひ確認してみてください。

通信費はどのくらい安くなった?

楽天UN-LIMITは2021年4月30日で1年が経過、1年間無料で多いに利用させてもらいました。

契約当初、自宅付近はエリア外でしたが今ではしっかりエリア内に入っています。

外出先でも2台持ちで、iPhoneのテザリング先として活用し、電話も楽天リンクからであれば、一部の番号(情報ダイヤルなど)以外は、基本的にかけ放題なので宿泊先ホテルやレストラン予約時の確認など、外出先で多いに活用させてもらいました。

携帯電話の通信費(1年間 2020年4月〜2021年3月まで)

  • iPhoneのIIJmio・・・21,285円(税込)
  • 楽天UN-LIMIT・・・3,300円(税込)初期登録費用 ポイントバックされるので実質0円

 

携帯電話の通信費は年間で24,585円に抑えることができました。

以前は3大キャリアの1社に月額約7,500円、年間約84,000円も支払っていたことを考えると大きな節約効果です。

フレッツ光の通信費(1年間 2020年4月〜2021年3月まで)

次に自宅の光回線の通信費を確認してみます。

 

現状:5,225円(税込)x12ヶ月 → 62,700円(税込、年額)

 

光回線の通信費は、在宅勤務でも毎日のようにオンラインミーティングで使用するのでどうしても必要で、しかもけっこうな費用がかかっていました。会社はこの費用を負担してくれません。

ですが!!!

2021年5月10日からこのフレッツ光の通信費を楽天ひかりに転用することで、月額費用0円で1年間使えるのはありがたいです。

以下の費用が12,430円(税込)かかるので、だいたい9.5ヶ月は無料で使えるということになります。

  • 解約違約金・・・10,450円(税込)※NTT東から請求がくる
  • 楽天ひかり手続き費用・・・1,980円(税込)※楽天から請求がくる

 

楽天ひかりは3年契約の自動更新なので、2年目以降は月額4,180円(税込)になり、これまでの月額5,225円(税込)から1,045円の節約になります。

  • 楽天ひかりを利用すると年額50,160円(税込)
  • フレッツ光をそのまま利用すると、年額62,700円(税込)

 

2年目以降は、年間で12,540円の節約効果になります。

毎日使う自宅の光回線通信費は大きな固定費です。とても大きな節約効果ですね。

楽天SPUプログラムの対象にもなるので、楽天でのショッピングでのポイントがプラス1倍になるのも嬉しいところです。

ふるさと納税を毎年楽天で行っているので、プラス1倍になるのはとてもありがたいのです。

毎月、5,225円(税込)の支払いをしていた自宅の通信費。これを楽天ひかりにしようと思ったきっかけは当然、1年無料になるからです。違約金が発生するタイミングでしたが、まだそのタイミングはだいぶ先だったので、待たずに決断しました。

楽天ひかりの1年無料はいつまで続くかわからない中、11月まで待つことができなかったので、決めました。

フレッツ光からの転用申込みのポイント

楽天ひかりは新規申込の場合、工事費が発生しますが、楽天UN-LIMITを契約している、または契約すると1年間の月額利用料金が0円になります。

すでに自宅でフレッツ光やコラボレーション事業者と契約して利用している人は工事は不要で、そのまま転用して契約事業者だけ変更して利用することができます。

今回、フレッツ光の転用申込だったので、最初にNTT東日本に転用することを連絡をして、転用番号を発行してもらいます。

  • 転用番号を控える
  • 転用番号の有効期間を控える
  • 契約名確認とオプション(ひかり電話やひかりTVなど)の契約はある場合に継続するかしないかを伝える。※楽天ひかりは電話、TVサービスはありません

転用する場合、NTT東から借りているONUの返却は不要で、そのまま使えることを電話口で確認をしました。

そして、楽天ひかりの申込みに進みます。以下のバナーから楽天ひかり公式サイトへいきます。

「楽天ひかりに申し込む」というピンク色のボタンを押して申込をしていきます。

  • 転用の場合は現在の契約事業者を選び、マンションタイプか戸建てかを選ぶと、転用番号を入力するフォームが表示されるので、転用番号を入力
  • 楽天IDでログインして、個人情報を確認
  • 設置する自宅の固定電話の情報を確認(ひかり電話など種類を選択。使っていなければ「なし」)
  • 支払い情報(クレジットカード、楽天銀行口座振替、または他の銀行の口座振替)の情報を入力 ※新規の場合、工事費を分割支払いする必要がありますし、転用の場合は、事務手数料の請求があります。
  • 最後、申込み内容を確認して申込完了!
  •  

簡単にネットから申込ができます!

申込から数日すると、契約内容の書類とONUルーターに設定すべき楽天ひかりの登録情報などの書類が送られてきます。

その書類には開通日など、情報が記載されているので開封して確認します。

また、開通日にNTT東・または西から借りているONU(光回線が接続されている終端装置)の設定変更をするために必要なので、間違えても捨てないよう大切に保管しておきます。

※接続図の「1」がONUで、転用の場合すでに自宅にあると思います。この設定変更が必要です。

※新規契約の場合は、光回線を引き込みONU設定までする工事が発生します。

※「2」のルーターが別途必要です。

引っ越しなどでマンションタイプから戸建てに変更になったり、楽天ひかりを解約する時などの際にも、アクセスコードが必要になるので、絶対になくさないようにしましょう。

再発行手数料がかかってしまいます。

ルーターを準備しておく

転用申込をしたら、IPv6クロスパス対応のルーターを準備しておきます。

このバッファローのルーターを選んだ理由ですが、同時接続台数で選びました。

自宅では、PC、スマホ、FireスティックTVなど、複数の端末やデバイスを同時接続して利用するシチュエーションが多いのと、快適に速度のストレスなく使いたかったので選びました。

楽天ひかりのIPv6クロスパス対応ルーターの一覧がありますので、利用シチュエーション(同時に何台くらい使うのか)やルーターの大きさ(邪魔にならない?)価格など、条件を考えて選んでみてください。

開通日に画面キャプチャを撮って、設定変更などを参考になるように記事を準備する予定です。

まとめ

自宅のひかり回線の節約に一役買ってくれる楽天ひかり、月額利用料が1年間0円になるばかりでなく、楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)も+1倍になるので、ますます楽天のポイントが貯まっていきそうです。

今回、フレッツ光から楽天ひかりの乗り換えで、手数料などを考えると実質約9ヶ月分の月額利用料を0円にすることができます。

年額で1年目は47,025円(税込)の節約になります。

このまま楽天ひかりの契約を2年目以降も継続した場合、2年目以降は年間で12,540円も節約ができますので、この節約効果は大きいと感じました。

楽天UN-LIMITの契約がない場合でも、1年目の楽天ひかりの月額費用は1,980円(税込)なので、フレッツ光(オプションなし、マンションタイプの場合)の5,225円(税込)を継続するよりかなり安価になります。

以上、楽天UN-LIMITと楽天ひかりの契約での節約効果についてご紹介でした。

5月10日に切替えを迎えますので、転用する場合に事前に確認しておくべき事項と当日やるべきことをまた、別の記事にまとめます。転用を考えている方は、また当ブログをご覧ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
また、当ブログに遊びにきてくれたら嬉しいです!

執筆者:Smiley Traveler にこ(@TravelerSmiley