公開日:

ANA国内線プレミアムクラスへアップグレード【直前でも要チェック!】

こんにちは、Smiley Travelerです。

私は日本の航空会社、ANAが大好きなので国内線、国際線ともによく利用させてもらっています。国内線の場合はだいたい普通席利用なのですが、1ランク上の国内線のプレミアムクラスにアップグレードできるチャンスがあれば、アップグレードしたりすることもあります。

プレミアムクラスは前方に座席があり、とてもゆったりしていて、普通席とカーテンで区切られ、お食事が提供される特別なクラスです。

さらに、プレミアムクラスを利用する場合は、優先チェックインレーンが利用できたり、ラウンジも利用できちゃいます。

この記事では、直前でも要チェック!のANA国内戦プレミアムクラスのアップグレードについて紹介したいと思います。

ANAプレミアムクラスへのアップグレード

最初からプレミアムクラスのチケットを購入するのは高いので、ほとんどの方は普通席を利用しますよね。国内線は、出張時もプライベートでも普通席を予約して利用しています。

しかし、プレミアムクラスを利用するチャンスが訪れました!

先日、羽田から大分へ行く便と、沖縄から羽田空港に移動する際になんと直前に空席が出てアップグレードすることができたのです。

この記事では、アップグレードの方法、プレミアムクラスの座席やどのような食事が提供されるのかを写真で紹介したいと思います。

プレミアムクラスへのアップグレードの方法

国内線プレミアムクラスへのアップグレード方法はいくつかあります。

  • 普通席予約時に残席があると「xx,xxx円でプレミアムクラスへアップグレード」と促される
  • 搭乗日2日前から、残席があるとアップグレードの選択ができる

 

購入時に促される場合は、普通席とプレミアム席の差額なので、お得ではありません。ただ、最初からプレミアムシートを確保するのに、一番確実な方法ではあります。

アップグレードの場合、搭乗日の2日前から残席があった場合、アップグレードできるのです。

 

支払いはクレジットカードかプレミアムポイントのみ

例えば、那覇-羽田ですと、前日までにアップグレードした場合は14,000円、当日だと15,000円でアップグレードできます。

搭乗日前日までにアップグレードすると、搭乗日当日より1,000円お得な運賃設定になっています。また、期間ごとに金額が一覧表になっています。※詳細は、ANAのサイトにてチェックしてみてください。

残席があってアップグレードできたらかなりお得だよね!

 

当日にプレミアムクラスのチケットを購入するとなると、(沖縄路線はほぼ満席で現実的に当日購入は不可能だと思っていた方がいいです)61,310円します。※2020年1月時点の価格

仮に、マイルで沖縄-羽田の普通席の航空券を持っていたとして、残席アップグレードできたとしたら、15,000円でプレミアムクラスのシートに座れることになります。普通席航空券のバリュー価格手配分を加えて考えてもだいたい1/3の価格です。

普通席からの差額としても、けっこうお得な値段設定になっていると思います。

ANAの上級会員であるプレミアムメンバーの場合、持っているプレミアムポイント4ポイントでアップグレードすることができます。

今回、沖縄-羽田便は前日まで「プレミアムクラス満席のためアップグレード不可」と表示されていたのですが、搭乗の2時間前にふと見てみたら、なんと「アップグレード可能」と表示が変わっていました。

キャンセルが1席だけでたようです。プレミアムポイントが20ポイントも使えずに持っていたので、今回はプレミアムポイント4ポイント使って、アップグレードすることにしました。

これが、2019年度のプレミアムポイントの消費状況です。

まだ、たくさん余ってますが、使いきれなかったポイントは、ANA SKY COINに交換することができるので、次回航空券を購入するときに使いたいと思います。

プレミアムクラスのお食事

先日搭乗した、沖縄-羽田線でいただいた夕食メニューをご紹介します。

冷たいお料理と温かいお料理があります。

お弁当箱のような四角い箱には、冷たいお惣菜がはっています。種類もいろいろなものを少しずつ。こまやかです。ごはん、みそ汁、お皿のお食事は温かいお料理です。

有名料亭とコラボしているメニューで、今回は、竹本という料亭監修のものでした。

ドリンク類も充実しています。

私は「期間限定マンゴードリンク」をいただきました。とろみがあって、すごく濃厚でおいしいマンゴージュースでした。おすすめです!この写真は12月に大分行きに搭乗したときにいただいたプレミアムクラスのお食事で、このときもマンゴードリンクをいただきました。

アルコールをいただいている人も多くて、ビールやワイン、シャンパンを飲んでいる人が多かったように思います。以前、私も焼酎をいただいたことがありますが、和食とマッチしていました。日本酒もありますよ。

食後には、お水をいただきました。コーヒーなどもいただけます。

ちょっとしたお菓子も一緒にいただきました。パイナップルクランチチョコです。

 

このクランチチョコ、おいしかったなぁ。。

座席も広々

お見苦しい足をすみません。座席はご覧になってご存じかもしれませんが、ものすごく広いです。

足を余裕で伸ばせます。リクライニングも思う存分、フットレスト、レッグレストもあります。スリッパが用意されているのもプレミアムクラスのみです。

テーブルも折り畳み式で、ひじ掛けを開けると引き出せるようになっています。全体を広げると、お水を横に置きつつ、パソコンもできるほど、余裕があります。

沖縄などの長距離路線でプレミアムクラスのゆったりシートを利用すると体の疲れ具合がちがうよ!

まとめ

プレミアムクラスはゆったりシートで、お食事(時間帯によっては軽食)をいただけるので、贅沢な空の旅をすることができます。

普通に購入するにはちょっと手が出にくい価格設定になっていますが、残席があればアップグレードしてみるのもよいと思います。

ただし、条件があるのでよく確認する必要があります。ちなみに、団体旅行チケットはアップグレードの対象外になっていますし、国際線航空券国内区間、予約のないオープンチケットも対象外です。

ANA公式サイトでアップグレード利用方法をチェック

 

アップグレードの予約は、搭乗2日前 0:00~出発時刻20分前までの受付です。

もともと、座席数が少ない便もあるので、複数名で申し込みするとなると同行者と一緒にはアップグレードできないこともあるので、相談しつつうまく利用するのがよいと思います。

プレミアムメンバーの場合、保有しているアップグレードポイントを4ポイント消費することで支払いをすることができます。2019年度は今のところ国内線で2回利用できました。

  • 12月には、羽田-大分に残席が1席だけあったので、アップグレード
  • 1月には当日になって残席が急に出てきたので、沖縄-羽田便をアップグレード

 

アップグレードを利用することで、空の旅をちょっと優雅なものにしてみるのもたまにはよいと思いますので、残席があったらチャンスと思ってぜひ、活用してみてください。

この情報が、お役にたてたら幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。