IHG日本初上陸ブランド!キンプトン新宿東京宿泊記 2020年12月

こんにちは、Smiley Traveler(@TravelerSmiley)です。

当サイトに訪問いただき、ありがとうございます。

2020年10月2日に新規オープンした「キンプトン新宿東京」に宿泊したので、宿泊記としてまとめました。主に以下の内容についてレポートしています。

  • エグゼクティブキング・ルームツアー
  • イブニングソーシャルアワー
  • モーニングキックスタート
  • 朝食はブランチ!?
  • お得な予約プラン

キンプトン新宿東京は、キンプトンブランドならではの特徴である「ペットフレンドリー」ホテルでもあります。ペット同伴で一緒に宿泊したり、レストラン(ラウンジとテラスエリア)やカフェも利用できるのです。

また、朝食は「ブランチ」で独特なメニュー展開になっているので、他のホテルとはひと味違う体験ができると思います。

それでは、最後までぜひお楽しみください。

エグゼクティブキング・ルームツアー

今回予約したのはエグゼクティブキングというカテゴリの部屋で、1101号室をアサインいただきました。1フロアに客室はたったの13室です。

扉を開けると正面にベッドがドンとかまえていました。

すぐ右手にスライドドアがあって、お手洗いがあります。バスルームから離れていて、ちゃんと独立していてよかったです。

ベッドはすごーく贅沢な大きさで、ぐっすり眠れて最高でした。

ソファも座り心地がよかったので、お茶を飲んだりテレビを見たりしてくつろぎました。

テーブルがガラスのローテーブルのみだったので、デスクがあった方がいいという方にはちょっと物足りなさを感じるかもしれません。

メッセージカードとウェルカムギフトもいただきました。お水のボトル、ドライフルーツとモッツァレラチーズでコーティングされたアーモンド。どちらも美味しかったです!

ソファーの正面にテレビとバーカウンターがあります。

テレビの左横にあるのがミニバー(有料)の冷蔵庫です。

バーカウンターには、ネスプレッソと湯沸かしポットがあります。

コーヒーのカートリッジは引出しの中にありました。普段あまり見ないこだわりのスナック類(これも有料)もありました。チアシードバーとかミントタブレットやチョコレートがありました。

グラス類も引出しの中にあります。

バーカウンターのすぐ左手にクローゼットがあります。コンパクトなクローゼットの中にスリッパや浴衣、バスローブがあります。

この浴衣は高橋理子さんというデザイナーさんのもので、男女問わず着ることのできるデザインです。

このクローゼットの中にはルルレモンのヨガマットもありました。

続いてバスルームです。部屋から思いっきり見えていますが、カーテンを閉めて利用できます。

洗面台のエリアではすっきりしています。ここにもバスローブがあります。

歯ブラシなどのアメニティは引出しの中にあります。

バスルームは広々としています。バスタブが大きくてバスタイムをゆったり過ごせます。

バスアメニティはアトリエブルームです。

アメニティ追加やルームサービスのリクエストはタブレットからできるようになっています。

最後に部屋からの眺めを紹介します。甲州街道沿いの部屋です。

部屋が入り組んでいるので、左側は隣のビルの位置がとても近い印象でした。

イブニングソーシャルアワー

毎日夕方の1時間(17:00〜18:00)イブニングソーシャルアワーが開催されます。

その日のテーマで作られるオリジナルカクテルやワインとピンチョスをいただきながら、ホテルスタッフや宿泊者の交流の場として愉しめるという時間です。ラウンジでペット同伴で利用されている方もいましたので、交流の場としていいですよね。

ディナーの前に軽く一杯いただくのにもいいですよ。

チェックインの日も仕事終わりにホテルに向かい、ぎりぎりソーシャルアワーにかかっていたこともあり、スタッフの方がカフェでワインとピンチョスを提供してくださいました。

モーニングキックスタート

朝6:30〜11:00まで、1階のカフェでドリンクを1杯いただくことができます。

日本ではこのカフェでしか味わえないバーチコーヒーもオーダーできます。チェックイン時におすすめと聞いたほうじ茶ラテも美味しくいただきました。

朝食はブランチ!?

1階のカフェでラテをいただいた後は、ブランチをいただきましょう。時間は7:00〜15:00までで提供時間が長いので、朝ゆっくり過ごしたい人にはいいですよね。

たくさんあるメニューから2品チョイスするスタイルで、メニューがたくさんあって迷いました。

しかもパンもついてくるのでかなりしっかりした食事ができます。内容はまさに「ブランチ」メニューでした。

こちらは「District風ドンブリ」でトッピングするグリルを選ぶことができます。エビとチキンをチョイスしました。

季節の国産野菜サラダもおいしかったです。

2泊したので全部違うメニューをオーダーしてブランチを満喫させていただきました。

YouTubeチャンネルの宿泊レビューでは、ルームツアー、ブランチとディナーでいただいたフードやカクテル、ジムの様子も紹介しているので、よかったらご視聴ください。

お得なプランいろいろ

今回利用したキャンペーンは2泊で1泊無料というANAのキャンペーンでGoToトラベル併用可能なキャンペーンでした。すでにこの2連泊キャンペーンは予約が終了していますので、それ以外のお得プランを調べてみました。

IHGホテルグループの直接予約で朝食付きのプラン

BREAKFAST AND MOREというプランを選ぶとブランチ付きになります。ブランチはおすすめなので、たくさんのメニューからお好みのものを愉しんでほしいです。

一例)2月26日(金)1泊朝食付き2名で43,251円(1名あたり21,625円)

※2021年1月19日調べ

IHGエリート会員の場合、レイトチェックアウト(14時)のリクエストができるので、ゆっくり滞在できるのと、ドリンクチケットの提供やIHGグループで利用できるポイント加算などの特典があります。

一休.comプラン

2月26日(金)1泊朝食付き2名(オンライン決済ポイント即利用)37,690 円(1名あたり18,845円)

※2021年1月19日調べ

15時チェックイン、11時チェックアウトです。

価格のみで選ぶなら一休.comのプランがよいと思います。

また、一休.comのダイヤモンド会員の場合は13時のレイトチェックアウトリクエストができるのと、レストランで利用できるクレジット3,000円分つくのでお得ですね。

IHGグループのポイント獲得やドリンクチケットをもらえるなどのメリットやIHGエリート会員の方はレイトチェックアウトリクエスト(14時まで)ができるので、IHGホテルサイトの直接予約がおすすめです。

まとめ

日本初上陸ブランドであるキンプトン新宿東京は、ペットフレンドリーホテルという特徴があり、ペット同伴で宿泊したり、カフェなどを利用できます。

宿泊予約はブランチメニューの朝食がいただける「朝食付きプラン」が断然おすすめです。

宿泊者が参加できるイブニングソーシャルアワーはオリジナルカクテルやピンチョスをいただきながら、雰囲気のいいラウンジでのひと時を満喫できます。ぜひ参加してみてください。

日本で唯一いただくことのできるNYから初上陸したBIRCH COFFEE(バーチ・コーヒー)をモーニングキックスタートでチョイスしてみてください。ほうじ茶ラテも美味しかったですよ。

ハイクラスでいろいろなこだわりと美味しい食事を満喫することができるキンプトン新宿東京は少し変わったホテルステイを楽しめることは間違いなし!リピートしたいホテルになりました。

以上、キンプトン新宿東京ホテルの宿泊記でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
また、当ブログに遊びにきてくれたら嬉しいです!

執筆者:Smiley Travler(@TravelerSmiley