食べる芸術作品!キンプトン新宿東京”District”の超おすすめアフタヌーンティー

こんにちは、Smiley Travler(@TravelerSmiley)です。

当サイトに訪問いただき、ありがとうございます。

2020年10月にオープンしたキンプトン新宿東京というホテル内にあるブラッセリー”District”でいただくことのできるアフタヌーンティーのプランがあります。

“Art Exhibition Afternoon Tea”というプランでその名の通りでまさに「食べる芸術作品」。

本当に食べるのがもったいほどのフードメニューがそろっていました。

この記事では実際にDistrictでいただいた、”Art Exhibition Afternoon Tea” について写真を交えて紹介したいと思います。

1つ1つがアート作品で食べるのがもったいない!

キンプトン新宿東京2階にある、”District”というブラッセリーのラウンジエリアに案内していただきました。

フードが出てくる前にウェルカムドリンクで、グリーンティーをいただきました。

店内の雰囲気もいいですね。冬は寒いですがテラス席もあります。ペットフレンドリーのホテルで、こちらのブラッセリーもラウンジやテラス席はペット同伴で利用できるのも大きな特徴です。

ドリンクはこちらのメニューに書かれているものは2時間どれでも、好きなだけいただけます。

オーダーしてからドリンクが提供されるまでにけっこう時間がかかるので、積極的にドリンクはオーダーするとよいですよ。

コーヒー、紅茶の種類もそうですが、アイス・ホットも選べる物が多いです。ハーブティーはポットで提供されるので、二人とか三人でシェアしながらいただくのがおすすめです。

そして、フードが運ばれてきました。すべてが芸術作品!

なかなか手をつけられないくらい、1つ1つのフードの完成度が高く、見ていて惚れ惚れしちゃいます。

決して大げさではなく、友人と写真やら動画やら納得いくまで撮りまくってしまい、実際に食べるまでに10分くらいは軽く費やしました。

味もとても繊細細でどれも納得の美味しさ!アフタヌーンティーの常識を覆すものでした。

Canapes(カナッペ)

まず、カナッペ。この種類とクオリティすごいですよね。

アフタヌーンティでよく見るのは一口サイズのサンドイッチですが、これだけの種類、すべて手のこんだカナッペが提供されるアフタヌーンティーはあるのでしょうか?

左奥から右に向って紹介します。

  • オスミックトマト豆腐のティラミス
  • モリンガとアボカドのガスパッチョ コーンとコリアンダーのサルサ
  • キングフィッシュのクルード
  • 和牛サーロインの手まり寿司
  • パテ ド カンパーニュ ビーツトースト
  • タラバ蟹のクラブケーキ

 

タラバ蟹のクラブケーキは最高に美味しくて、病み付きになりそうでした。一緒に行った友人が、「単品で追加したい」と言ってたほどです。

こちらのメニューは12月上旬に利用したのですが、カナッペの内容はマイナーチェンジをしているようです。

このメニューと全く同じではないかもしれませんが、基本スタンスは同じなのでハイクオリティのカナッペを楽しめること、間違いなしです!

Petit Fours(プティフール)

そして、プティフールです!!

「アート・エキシビション」という言葉の通り、名画や建築をモチーフにスイーツで表現された見ていてとても楽しく、食べるのがもったいないほどの完成度です。

奥から時計まわりに。

  • 焼きたてマドレーヌ
  • クッキースコーン・ホイップマスカルポーネ
  • ルビーチョコレートブラウニー
  • アサイ・バナナプディング
  • レモンメレンゲタルト
  • ミルクチョコレート&キャラメルムース
  • アプリコット&オレンジターキッシュデライト
  • バニラ&コーヒーシュー ペストリー
  • ホワイトチョコレート&ブラックセサミ・キューブ
  • ビターチョコレートタルト

 

マドレーヌ含めると10点です。こんなアフタヌーンティ初めてで、テンションあがりまくりでした。

マドレーヌ以外のものは、メニューに番号がふられています。その番号のQRコードがメニューの背表紙に掲載されていて、QRコードを読ませることでどのような芸術作品がモチーフになっているのかを確認することができます。また、その作品の概要がわかるようになっています。

例えば、5番を読み込ませると。。どれだかわかりますよね?

このようにアート作品を楽しみながら、アフタヌーンティを楽しむことができるのです。

ここで全部紹介してしまうと楽しみがなくなってしまいますので、それぞれのプチフルールがどのアート作品をモチーフにして作られているのか、実際に目で見て食べて、思う存分味わって欲しいと思います。

ちなみに、2021年4月には新作になる予定だとか。。

この記事で紹介しているアフタヌーンティーを「実際にいただいてみたい!」という方は3月までに予約して足を運んでみてくださいね。

YouTubeのチャンネルにも、今回紹介したアフタヌーンティーの様子のショートムービー(2分弱です)をアップしていますので、良かったらご覧ください。

予約したプランについて

このアフタヌーンティーの予約プランを紹介します。一休.comのレストラン予約で予約しました。

【Art Exhibition Afternoon Tea】+ハニー&サンズお土産特典

出典元:一休.comレストラン予約

ちなみにハニー&サンズのお土産というのは、ティーバッグでこのような小さな缶のパッケージに入ったものをいただくことができます。

対策もしっかりとられているブラッスリーなので、コロナ禍でも週末のアフタヌーンティープランの予約はけっこう入っているようですよ。

魅力溢れるアート・エキシビション・アフタヌーンティーをぜひお楽しみあれ!

キンプトン新宿東京ホテル内のブラッセリー”District”のアフタヌーンティー紹介でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
また、当ブログに遊びにきてくれたら嬉しいです!

執筆者:Smiley Travler(@TravelerSmiley