公開日: 更新日:

IHG横浜グランドインターコンチネンタル ジュニアスイート宿泊記 2020年7月

こんにちは、Smiley Travlerです。

先日、IHG(インターコンチネンタルホテルズグループ)の横浜グランドインターコンチネンタルホテルに久しぶりに宿泊しましたので、宿泊記としてまとめました。

この記事では以下の内容を紹介します。

これまで全面クローズしていたクラブインターコンチネンタルラウンジが2020年8月1日より、再開するそうです。

GoToトラベル申請のために発行してもらった書類についても少し触れたいと思います。申請自体は8月14日開始なので、結果はまた別途紹介できればと思います。

ホテル側の対応がどのようなものだったのか、ということで参考にしてもらえたら幸いです。

横浜グランドインターコンチネンタル ジュニアスイートのルーム紹介

今回の予約はクラブインターコンチネンタルキングのお部屋でしたが、インターコンチネンタル・アンバサダー会員であれば、1ランクアップグレードは確約してもらえます。

アップグレードの部屋がない場合は10,000ポイントか、宿泊時にレストランで利用できる5,000円分のクレジットを選ぶことができます。

和室スイートとジュニアスイートの選択肢があったのですが、インルームダイニングを利用したかったので、和室ではなく、洋室のジュニアスイートを選択しました。

まず、リビングエリアです。低層階(6階と7階)にスイートルームがありまして、今回は7階の海側のお部屋でした。

窓側からのリビングはこのような感じで、広々としたバーカウンターがあります。

今回、ラウンジが利用できないことから、ミニバーは開放されていて、好きな物を自由にいただくことができました。

リビングにもちろん、テレビもあって、ソファーでゆったりしながら見ることができます。

奥に見えるのがベッドルームです。今回、ツインしかなかったので、ハリウッドツインと言うベッドを2つくっつけて広くしてもらうという形式をとってくれました。

窓側のデスクです。古いホテルということもあってか、パソコンの電源の場所を確保できなくて、充電して使っていました。

そしてクローゼットには、ハンガーやスリッパ、バスローブなど、必要な物はそろっています。セイフティーボックスもここにありますが、ちょっと使いにくそうな印象でした。

パウダーコーナーもあります。女性には嬉しいですね。座ってお化粧ができますよ。

そして最後にバスルームです。窓がないのでちょっと暗い印象ですね。

バスタブは広くて、お湯もすぐにたまります。バスソルトを入れて、ゆったりできました。

ちなみに、クラブラウンジが使える状況であれば、高層階の部屋を用意してくれていたので、ラウンジに近いフロアが便利だし、アップグレードせずに5000円分のクレジットをもらおうと思いましたが、ラウンジがクローズしていたのでアップグレードしてもらいました。

結果的に広々していて、ルームサービスで夕食やアフタヌーンティーを部屋でいただいたので、リビングでいただけたのですごくよかったです。

クラブインターコンチネンタル代替えサービス

クラブルームを予約していたのですが、残念ながらラウンジはクローズしていまして、代替サービスを受けました。

  • アフタヌーンティーは14:00〜16:30まで、ルームサービスでいただく
  • ドリンクはミニバーを開放
  • カクテルタイムは、17:00〜20:00で、2Fのラウンジ&バー マリンブルーを利用
  • 朝食は7:00〜10:00で、1Fのオーシャンテラスのビュッフェ・ダイニング利用

 

アフタヌーンティーは電話1つで部屋に持ってきてくれます。ファーストドリンクだけ決められたドリンクメニューからオーダーすることができるようになっています。チェックイン時にドリンクメニューも一緒にいただけます。

それでは、いただいた食事を紹介したいと思います。

ホテル内でいただいた食事

今回の滞在中にいただいた食事を写真で紹介します。

アフタヌーンティー

まず、チェックインして部屋に入ってすぐにアフタヌーンティーをオーダーしました。ファーストドリンクとして、アイスカフェラテをチョイス。

トレーで運んできてくれて、受け渡しは扉の前でした。

すべてラップに包まれていて、問題なかったです。

スイーツ(ちょっと汗かいてますが。。)はちょうどいいサイズ。ホテルの形をしたチョコレートもキュートです。

カクテルタイム

2Fのラウンジバーでいただきました。ドリンクメニューも決められたものから選ぶ形です。

オードブルも提供いただきました。どれも美味しかったです。

イン・ルームダイニングでディナー

普段はインターコンチネンタルアンバサダー特典の2000円分のクレジットはルームサービスでは利用できないのですが、レストランがすべて20時でクローズしてしまうこともあって、特別にルームサービスでも利用できるとチェックイン時に説明がありました。

20時過ぎまで、カクテルタイムを利用し、その後はルームサービスでディナーをいただくことにしました。

チキンのソテーローズマリー風味、温野菜添えとホテルブレッドがセットになったものをオーダー。さらにつまみとして、フライドポテトもオーダーしました。

ミニバーのチリワイン(赤)と一緒にいただきました。

アンバサダー会員特権の2,000円分のクレジットがあるので、2,070円でルームサービスのディナーをいただくことができました。

今回も一人滞在だったこともあり、部屋で食事ができるのは本当にありがたいと思いました。

 

朝食はオーダー式のビュッフェ

朝食はビュッフェだったのですが、とりわけはホテルスタッフの方が行うというスタイルでした。オーダー式のビュッフェというちょっと新しいスタイルでした。

小さな器のものはお皿ごと持って行くことができますが、パンは選んで取り分けてもらいます。

サラダもドレッシングをかけるのはスタッフの方でした。オムレツはいつも通りでその場で作っていただき、ソーセージとベーコンはスタッフの方に取り分けてもらいました。

自分で取り分けることは一切できないように、取り分けるトングなどもカウンターのスタッフの近くにすべて配置されていました。

大事なことは、オーダーするときはマスク必着ということでした。気をつけながらもこれだけの朝食をいただけたので、ありがたいと思いました。

GoToキャンペーン書類について

ホテルから明細書とは別に宿泊証明書を発行してもらいました。

指で隠していますが、私の名前の宛名が書かれていて、ホテルの社印が押されたものを発行いただき、下の方にはフロントで受付した担当者の名前とその方の押印がされています。

これに、私自身が必要となる書類を準備して、8月14日に申請してみる予定です。

私は神奈川県民なので、今のところはGoToトラベルのキャンペーン対象地域居住者であり、今回宿泊したホテルも神奈川県内なので対象地域の宿泊なので、該当することになります。結果はどうなるかはわかりませんが提出してみて、またブログで結果レポートができたらと思います。

まとめ

クラブラウンジがクローズしていることを知らず(確認もしなかったのですが)利用しましたが、満足度は高い滞在ができたと思いました。

スイートルームは低層階にあるということを初めて知りました。利用してみないとわからないものですね。

アンバサダー会員は16時のレイトチェックアウトができるので、トータル25時間滞在することができました。インターコンチネンタルホテルを利用するならば、やっぱりアンバサダー会員になっておくと嬉しいサービスが得られるので改めて良さを実感しました。

2020年8月1日からクラブラウンジは再開するそうなので、8月以降に利用する方はクラブラウンジが利用できる部屋を予約するといいと思います。

クラブインターコンチネンタルの代替サービスの満足度が私自身は高いと感じました。

今回、宿泊費は28,800円でした。予約時のデータです。

やっぱり日曜日はホテル料金下がるのでお得です。

この金額でジュニアスイートにアップグレードしていただき、朝食もアフタヌーンティーを2回も利用させてもらいましたし、圧倒的にお得ですね。

以上、横浜グランドインターコンチネンタルホテルの宿泊記でした。

この先、宿泊を検討されている方、すでに予約されている方の参考になれば幸いです。

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

Appendix:横浜グランドインターコンチネンタルホテル宿泊概要