公開日: 更新日:

2021年ヒルトンステータスマッチでダイヤモンド会員アップグレード条件緩和!

こんにちは、Smiley Traveler(@TravelerSmiley)です。

外資系ホテルの上級会員制度をより容易に獲得できるステータスマッチ・チャレンジがヒルトンホテルで2021年もスタートしました。

昨年の2020年にIHGスパイアエリート会員ステータスからヒルトングループへ初めてステータスマッチチャレンジの申請をして成功し、宿泊実績を重ねたことで初のダイヤモンド会員ステータスを獲得することができました。

今現在、ヒルトンホテルのダイヤモンド会員!2023年3月31日まで有効です。

昨年の2020年の条件と比較して、2021年はさらにヒルトン最上級会員であるダイヤモンド会員を目指すための条件が緩和されましたので、この記事で順を追って説明していきたいと思います。

  • 2021年にヒルトンホテルのステータスマッチを考えている方
  • ヒルトンホテルのダイヤモンド会員を目指してみたい方

2020年にヒルトンステータスマッチを実際に体験したので、その経験値を踏まえて紹介していきます。ぜひ、最後までご覧ください。

2021年ヒルトンステータスマッチチャレンジ

ヒルトンホテルは年が開けて早々に2021年のヒルトンホテルの会員制度(ヒルトン・オナーズ)についての発表をしました。

その中にステータスマッチチャレンジに関する情報も含まれていました。

出典元)Hilton Honors

ステータスマッチに成功すると、最初はヒルトン・オナーズのゴールド会員になります。

ステータスマッチに成功した後、90日以内の宿泊数でゴールド会員の維持、またはその上のダイヤモンド会員にアップグレードされます。

  • 5泊の実績でゴールド会員を2023年3月31日まで維持
  • 9泊の実績でダイヤモンド会員へアップグレード、2023年3月31日まで維持

 

2020年のステータスマッチの条件は以下の通りでしたが、ポイントと宿泊数のWカウントキャンペーンが2021年9月から始まったのでタイミングの良かった人は実質、2021年のステータスマッチチャレンジと同様の条件でゴールド会員をキープできたり、ダイヤモンド会員にアップグレードすることができました。

2021年明けて割と早いタイミングでヒルトンステータスマッチチャレンジについての内容が発表になりましたので、今年は絶好のタイミングになっています。

会員種別ごとに特典が以下のように決まってますが、特筆すべきメリットを紹介します。

ゴールド会員のメリットは何と言っても朝食無料です。朝食なしプランで予約することで、どのヒルトングループホテルであっても朝食をゴールド会員本人+1名まで無料で提供してもらえるのです。

また、空き状況によるという前提ですが、一番グレードの低い部屋を予約していた場合でも最高でエグゼクティブルームへのアップグレードの可能性があります。

ダイヤモンド会員のメリットはゴールド会員の朝食無料に加え、エグゼクティブラウンジを利用することができることにあります。

エグゼクティブルームを予約した会員とダイヤモンド会員だけが利用できる専用ラウンジです。ラウンジ設定のあるホテルに限ってですが、無料でカクテルタイムを楽しんだり、いつでもコーヒーや紅茶などのソフトドリンクやちょっとしたスナック類の提供があるので、営業時間内であればいつでも利用することができます。

一例ではありますが、ヒルトン沖縄北谷リゾート、ヒルトン沖縄瀬底リゾート、ヒルトン東京の宿泊記にラウンジ利用について少し紹介していますので、参考にのぞいてみてください。

 

ヒルトンステータスマッチチャレンジを行うための条件

ヒルトンステータスマッチチャレンジを行うためには、以下の条件があります。

  • ヒルトン・オナーズの会員である(無料ですぐに登録できます)
  • ヒルトンホテル以外の上級会員であること
  • 宿泊実績が1泊以上あること

 

私の体験ですが、IHG(インターコンチネンタル・ホテル・グループ)のスパイアエリートという最上級会員ステータスを保有していたのでそれを利用してヒルトンステータスマッチチャレンジに成功しました。

IHGの他には以下のボテル会員ステータスを持っている方がステータスマッチチャレンジ申請をすることができます。

  • Mariott Boncoy(マリオットボンボイ)・・・ゴールドエリート以上
  • IHG(インターコンチネンタルホテルグループ)・・・ゴールド以上
  • World of Hyatt(ハイアット系)・・・エクスプローリスト以上
  • Best Western(ベストウェスタン)・・・ダイヤモンド以上
  • Choice Privilege(チョイス・ホテル)・・・ダイヤモンド
  • Accur Hotel(アコー・ホテル)・・・ゴールド以上
  • Radisson Rewards(ラジソンホテル)・・・ゴールド以上
  • Wyndham rewards(ウィンダムリワード)・・・ダイヤモンド
  • Other(上記以外の場合、プログラム名とステータスを記載する必要あり)

 

日本では馴染みのない物もありますが、どれをとっても会員ステータスが高くないとステータスマッチの申請ができません。

なぜ、ヒルトンがステータスマッチを提供するのか、その意味を考えてみると会員ステータスが高くなければならない理由がわかります。

「他のホテルの上級会員はそれなりにホテルを利用する優良顧客であるはず。他のホテルグループの優良顧客にヒルトンの良さを知ってもらいたいのでぜひ利用してほしい」

つまり、ヒルトンホテルを利用してもらって、あわよくば他のホテルの優良顧客に気に入ってもらえたら、今後はヒルトンホテルをたくさん利用してもらえるのではないか?という顧客を獲得するためのビジネス的な考えです。

何もステータスを持っていない人がヒルトンホテルのステータスマッチをするために、他のホテル会員にもなって、ホテルに何泊もして会員グレードを上げるのは、はっきり言って無駄ってものです。

それならばステータスマッチをせずに、ヒルトンホテルに40泊してゴールド会員を目指したり、60泊してダイヤモンド会員を目指した方がよいと思うのです。

と、言ってしまうとここで話が終わってしまいますので、安価にヒルトンホテル以外のステータスを獲得できる術がありますので、続けて説明をしていきます。

安価にホテルステータスを獲得する方法

お金をたくさんかけずに、ヒルトンホテル以外のホテルの会員ステータスを獲得できるおすすめの方法が2つあります。

  1. IHGのインターコンチネンタルアンバサダー(有料会員、200USD)に入会
  2. マリオットグループホテルのクレジットカード「spgアメックス」に入会(税込34,100円)

 

私はIHGのステータスを保有していて、ヒルトンホテルとのステータスマッチに成功したという実績があることから、2つのうちのお勧めは「インターコンチネンタルアンバサダー会員」になることです。インターコンチネンタルアンバサダーに入会することで、IHGのプラチナエリートという会員ランクが自動付与されます。

コストが200USD(USドル)なので、マリオットグループのクレジットカードspgアメックスに入会するより安価にステータスを獲得することができます。

spgアメックスの年会費は税込で34,100円で、クレジットカード入会なので当然のことながら審査があります。

インターコンチネンタルアンバサダー会員の入会方法はこちらの記事で紹介しています。

インターコンチネンタルアンバサダーの特典を確認!実体験をレポート

マリット系ホテルも全国にたくさんホテルがあるので、マリオットの方が宿泊実績が作りやすいという方もいるかと思います。そういう方は「spgアメックス」カードに入会するのがおすすめです。

2021年2月1日現在、ハピタスというポイントサイト経由でspgアメックスカードの入会をすると、特典で8,000円相当のハピタスポイントがもらえるというキャンペーンを展開しています。

すでにアメックスカードを持っている方からの紹介で入会すると6000マリオットポイントがもらえます。

ハピタス経由でspgアメックスカードに入会した特典で得られるポイントは8000円相当のポイントです。

アメックスカード保有者からの紹介ですが、当サイトからも可能です。すぐに紹介用URLをご連絡することができます。

ハピタス経由でのspgアメックスカードの入会が2021年2月1日現在ではポイントサイト経由の申込の場合、一番お得になっています。

<<ハピタスの新規登録キャンペーン>>

  • 登録するだけで100ポイント(100円相当)
  • 登録後7日以内に500ポイント以上獲得するとさらに1,000ポイントプレゼント!

 

 

宿泊実績を作る上での注意点

ステータスマッチの条件として、ステータスを持つホテルの宿泊実績を開示する必要があります。どのように予約して実績を作ってもいいというものではなく、注意点があります。

晴れて、インターコンチネンタルアンバサダー会員になり、プラチナエリートのステータスを獲得できたとします。

IHGグループのホテルを予約して最低1泊の宿泊実績が必要になりますが、一休や楽天トラベルなどのオンライントラベルエージェンシー(OTAと言われています)を利用した予約ではIHGの宿泊実績が記録されません。

つまり、一休や楽天トラベルで予約した場合、一休や楽天トラベルの宿泊実績には記録されますが、IHGホテル宿泊の記録には残らないのです。

これが最大の注意点になります。

IHGグループのWebサイトで直接予約をしないとIHGグループの宿泊実績が記録されないので、その点を間違えないようにしましょう。以下のバナーからもIHGグループの公式サイトに行けますので、ホテル宿泊プランや価格のチェックに利用してみてください。

IHG: インターコンチネンタルホテルグループ

安価に抑えたい場合はクラウンプラザやホリデーインなどのホテルがおすすめです。

せっかくインターコンチネンタルアンバサダーになったのですから、インターコンチネンタルホテルに宿泊して、アンバサダー会員のメリットを味わってみるというのもありだと思います。

  • ホテルルームのランクアップ確約
  • 16時チェックアウト確約
  • 2,000円分のホテルクレジットが利用できる

こういった特典があるので、インターコンチネンタルホテルで宿泊実績を積むのもいいと思います。

最近できたブランドコンセプトがユニークなキンプトン新宿東京やインディゴ箱根・強羅といったホテルも宿泊体験としてはおすすめです。(ただし、お値段は高めです)

spgアメックスカードを手にしてマリオット系ホテルの宿泊実績を作る場合、安価に抑えた場合におすすめなホテルはmoxy(モクシー)というブランドのホテルです。しかし、コロナ禍ということもあり、マリオットホテルも今はかなり安く価格が抑えられているので、実績が作りやすいと思います。

IHGの場合と同様に、マリオットホテルのWebサイトで直接予約して実績を作る必要があるので、そこは注意が必要です。

Marriott International

ヒルトンステータスマッチ・チャレンジ申請タイミングは?

IHG、またはマリオットのステータスを獲得し、宿泊実績が1泊でもできたら、いよいよヒルトンのステータスマッチにチャレンジです。

ただし、今はコロナ禍でなので、ステータスマッチに成功して90日以内にヒルトンの宿泊実績を作る必要があることから申請をするタイミングが重要だと思います。

ステータスマッチチャレンジをする時期は十分に検討してからにした方がよいです。

今は外出すらしにくいタイミングなので、IHGアンバサダー会員の手続きだけ済ませておくとか、spgアメックスカードに入会しておくといった準備だけしておくにとどめておいた方がよいです。

GoToトラベルが復活したら、GoToトラベルを利用してヒルトンホテルに宿泊してもいいと思いますし、いつGoToトラベルが復活するのか現時点では未定ですから、安価でキャンセルできるプランを探して予約だけしておくという準備だけしておくことをおすすめします。

ステータスマッチに成功したら、ゴールド会員になりますので朝食が無料でついてきますから、あらかじめヒルトンホテルを予約する場合は、朝食はつけずに予約するとよいですよ。

ステータスマッチの手順は、こちらの記事で紹介しています。ヒルトンステータスマッチの申請時に提出したスクリーンショットのサンプルも掲載していますので参考になると思います。

2020年 IHGからヒルトンへステータスマッチ成功!ヒルトン・ゴールド会員に!

ヒルトンホテルの宿泊で楽天ポイントが貯まる!?

ヒルトンホテルのステータスマッチに成功したら、ヒルトンホテルの予約をして宿泊実績を積んでいくことになりますが、公式サイトから予約しないと宿泊実績のカウントがされません。

IHGやマリオットで宿泊実績を記録するのと同様に一休や楽天トラベルといったOTAで予約してもヒルトンホテルの宿泊実績記録がつかないので注意が必要です。

少しでもお得に宿泊したい方のために、裏技?をお伝えします。

ヒルトンホテルの予約を楽天Rebates経由で行うことで、2%分の楽天ポイントが貯まるという予約方法があります。

楽天Rebatesにお持ちの楽天IDでログインし、「Hilton」で検索するとヒットします。

そこで「ストアにすすむ」をクリックするとヒルトンのサイトへ移動できますので、ヒルトンオナーズに会員番号とパスワードでログインして予約をしていくという具合です。

楽天Rebatesはご自身の楽天IDでログインするだけで利用することができますので、予約する際には活用してみるといいですよ。

ただし、ヒルトンホテルのGoToトラベル予約専用サイトが復活した場合は、楽天Rebates経由では予約がとれないので使い分けが必要になります。

例外として、以下のヒルトン系列ホテルはヒルトン独自のGoToトラベル専用サイトの予約に対応していませんので、楽天Rebates経由で直接ヒルトンホテルの予約サイトで予約したあと、STAYNAVIで割引申請をする必要があります。

  • 旧軽井沢KIKYOキュリオコレクションbyヒルトン
  • ヒルトン成田
  • ヒルトン東京お台場

ダイヤモンド会員の特典はいかに?(これからのこと)

2020年のステータスマッチチャレンジを2020年10月上旬に行い、2021年1月上旬にステータスマッチチャレンジの期限である90日を迎えました。

2020年内にステータスマッチをしてから8泊(Wカウントキャンペーンをしていたので16泊したことになる)、1月上旬の正月明けてすぐにヒルトン東京に2泊宿泊して、合計18泊の実績を積みました。その結果、晴れて2023年3月31までのダイヤモンド会員に昇格することができました!

コロナ禍なので非常事態宣言が解除されたら、ヒルトン系列のホテルにたくさん宿泊して、ダイヤモンド会員の恩恵を楽しみみたいと思います。

一番安い部屋の予約をして、うまくいけばスイートルームへのアップグレードも期待できますし、ラウンジ利用もできる、朝食も無料、すべてが楽しみです。

この先、国内でも開業ラッシュのヒルトンホテルにダイヤモンド会員として宿泊するのがとても楽しみです。海外旅行に行けるようになれば、もちろん海外のヒルトンでもダイヤモンド会員の恩恵を受けてみたいです!

この先、しばらくは国内の宿泊になると思いますが、宿泊毎にこのブログで宿泊記としてどのような恩恵が受けられたのか、紹介していきたいと思います。

Twitter(@TravelerSmiley)でブログを更新したタイミングでかならず呟いていますので、フォローしていただけると情報をキャッチしやすくなると思いますし、私自身も嬉しいです。

以上、ヒルトンステータスマッチチャレンジ2021の紹介でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
また、当ブログに遊びにきてくれたら嬉しいです!

執筆者:Smiley Travler(@TravelerSmiley