公開日:

IHGインターコンチネンタルパースシティーセンター宿泊記(2019年11月)

インターコンチネンタルパースシティーセンター

こんにちは、Smiley Travelerです。

2019年11月にパース旅行に行ってきました。その際に宿泊したIHGグループのホテルであるインターコンチネンタルパース シティセンターの宿泊記をまとめました。

インターコンチネンタルパース シティセンター宿泊記

まず、今回のパース旅行で宿泊したインターコンチネンタルパース シティセンターの予約内容を紹介します。

  • 日程:2019年11月27日~2019年11月30日(3泊4日)
  • 予約した部屋:Club Intercontinental King City View

 

クラブインターコンチネンタルルームを3連泊すると3泊目が無料になるというインターコンチネンタルホテルのキャンペーン中だったこともあって、AU$905で3泊することができました。
クラブルームを1泊平均だいたい27,000円で利用できるなんてすごいと思いました。

さらに、インターコンチネンタルアンバサダーになりましたので、1ランクアップが保証されています。

アップグレード結果:King Studio(眺望なし)

スイートルームカテゴリになっている、Studioの部屋を準備してもらいました。
しかし、眺望は残念ながらなくて隣のビルの壁が目の前にありました。でもでも、ほぼ観光で昼間はホテルにいませんでしたので、問題なしでした。

ANAの直行便を利用して今回パース旅行を計画しましたので、到着日の27日は21:40頃ホテルに
到着したので、寝るだけでした。では、さっそく部屋を見てみましょう。

King Studioの部屋の様子

メインのエリアです。

すごく広くて、オープンしてまだそんなに年数もたっていないからかとってもきれいです。
壁とかカーペットとかの雰囲気も最高です。すごく素敵な部屋をアサインしていただけました。

窓側から撮影してみました。

すごーく贅沢です。丸テーブルに椅子、そしてソファーもあって、最高です。

ここはミニバーです。角から両開きできるようになっていています。

片側にはミニバー(冷蔵庫)、ネスプレッソマシンとか、マグカップ、湯沸かしポットがセットされていて、手前にひきだすことができます。

ミニバーの中のMilkは使ってよいとのことでした。

もう片方にはグラスやおつまみ、スピリッツやウイスキーなどのアルコール類がありました。これらはもちろん、有料です。

続いて、ウォークインクローゼットです。

これがいいですよねー。洋服をかける場所には、バスローブも備え付けられていました。

スーツケースを置く場所もしっかりあって、ベッドルームやソファーを自由に利用することができたのがうれしいポイントでした。

では、続いてバスルームです。

バスタブがないという口コミを読んでいましたが、なんとStudioにはありましたよ!バスタブ!

滑り止めがついていないのでつるつるしますので、利用するときは要注意です。

そして、シャワーもレインシャワーとハンドシャワーの両方がありました。

アメニティは大きなボトルで用意されていましたが、TAHNNブランドのものではなかったです。

そして、洗面台です。ソープディッシュとティッシュボックスカバーが同じデザインのもので統一されていて素敵でした。

アメニティボックスがあり、歯ブラシや綿棒など、ここから利用したものは翌日には補充されていました。

部屋は最高に居心地がよくて、素敵な空間でした。さすがStudio(スイートのカテゴリ)の部屋は快適に過ごせますね。部屋の場所によっては、眺望もよいのだと思いますが、私が今回宿泊した1511号室については、窓からの眺望はありませんので、ご参考までに。。

クラブインターコンチネンタル(ラウンジ)の様子

今回、クラブインターコンチネンタルラウンジを利用できる予約クラスを利用したので、ラウンジをけっこう利用させていただきました。クラブラウンジのエントランスカウンターです。ちなみに、ここではチェックイン、チェックアウトのサービスはしていませんでした。

 

朝食

サラダや生ハム、サーモン、ヨーグルトなどは自分で好きなものをピックアップできるようになっています。

ホットミール(主に卵料理)はオーダー式になっていて、オムレツとソーセージ、ハッシュブラウンを毎回添えてもらいました。

オムレツのチーズがまたトロトロで、味付けもすごくおいしくて、毎朝とってもおいしい朝食をいただくことができました。

コーヒーやカフェラテなどは、ラウンジに入るとスタッフの方がすぐに声をかけてくださって飲み物のオーダーもとってくれました。朝食でわたしが気に入ったヨーグルトミューズリー。これハマりました。

 

アフタヌーンティー

インターコンチネンタルホテルといえば、クラブラウンジでのアフタヌーンティーのサービスですね。最初にアールグレイの紅茶を頼みました、

ほんと、贅沢なんです。いかがでしょうか??

スコーンは小さくてちょうどよいサイズ感でした。真ん中はサンドイッチで、一番下の段はどれもおいしかったスイーツです。

3日目の午後と、帰国日の午後、2回も利用させていただきました。これで十分にランチになってしまうのです。

カクテルタイム

2日目の夜だけ唯一、利用することができました。ローカルビールと、ちょっとした温かいおつまみも提供していただきました。

必ず、食べられないものがないかどうかを聞かれますので、やはり様々な人が利用するんだなと改めて実感しました。私は、鯖以外のアレルギーはないのでなんでもいただくことができますので問題なかったです。

サラダとか生ハムやサーモン、ナッツ類のおつまみになるものはカウンターから好きなものをいただくような形です。

ちなみに日本のアサヒビールがありましたが、いつでも飲めるのでやっぱりローカルのビールをいただきました。クラブラウンジを利用できたおかげもあって、外食にお金を支払ったのはなんとたったの1回きりでした。

まとめ

インターコンチネンタルパース シティセンターは、パース駅までも徒歩10分以内、ヘイストリート沿いにあり、とても賑やかなエリアにある中心地のホテルです。

オプショナルツアーのピックアップ場所がホリデーインパースが指定になりましたが、斜め向かいにホリデーインがあるので、徒歩1分で行けましたし、まったく問題ありませんでした。

今回、クラブルームを予約すると3連泊で3泊目無料というキャンペーンを利用し、さらにアンバサダーの特権でStudioの部屋(スイートのカテゴリ)にアップグレードしていただきました。もう快適すぎて本当はホテルから出たくなかったくらい、部屋の居心地が最高によかったです。

インターコンチネンタル ホテルグループは頻繁に、しかもいくつかのキャンペーンを重複して行っているので今回の3泊だけで、なんと17,656ポイントもいただいちゃいました。

パースの中心部に宿泊するならインターコンチネンタルホテル、超おすすめです。とても便利な場所にあるし、とてもきれいだし、ここを選んでよかったと思いました。

パース旅行を計画されている方のホテル選びの参考になれば幸いです。

インターコンチネンタル ホテルグループのホテルは、なんといっても直接予約が一番お得なので、会員登録(もちろん無料)して、お得な価格でハイクラスホテルを利用してみてほしいなって思います。

IHG: インターコンチネンタルホテルグループ

以上、インターコンチネンタルパース シティセンターのホテル宿泊記でした。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。