公開日:

ANAマイルでハワイに行こう! 5,000マイルバックキャンペーンの活用

anamile-hawaii02

私はハワイのリピーターで7回の渡航歴があります。そのうちの4回はホノルルマラソン出走するためで主にスポーツクラブ主催のツアーを利用したのですが、残りの3回は貯めたマイルでハワイにすべて渡航したので、必要な費用は現地でのホテル代や飲食代、アクティビティ参加代金のみでした。今回も貯めたANAのマイルでハワイ、ホノルル便を予約して旅する計画をすることにしたので、ANAで現在展開されているキャンペーン内容とともに紹介したいと思います。

ANAマイルでハワイへ行こう!

私はANAのファンで、普段の生活でポイントサイトを活用したりクレジットカードのポイントを交換したり、そして大好きな飛行機に搭乗することで主にANAのマイルを貯めています。ANAマイルはとっても貯めやすいので、重宝しています。

今回、ANA便でハワイに行く計画をしようと考えたのは以下のポイントからです。

  • A380をハワイに就航させることが決定したので搭乗してみたかったこと
  • マイルを使ったキャンペーンが展開されていること
  • マイルで予約しにくいハワイ路線がA380投入で残席ある限り予約受付してくれること

まだタイ航空でしか搭乗経験のないA380を日本の航空会社が初めて所有してしかも大好きなハワイに就航させると聞いては行かない訳にはいきません。A380に搭乗するのも楽しみですし、実際にマイルで座席の確保がしやすくなったのも事実で、エコノミークラスは特にA380便はまだまだ予約することができます。

ANAハワイ便のマイルキャンペーンは2種類

anamile-hawaii01

ANAがハワイ路線でマイルに関するキャンペーンを2種類展開しています。

  1. 抽選で100人に1人、全額マイルバック
  2. 5,000マイルバックキャンペーン

それぞれのキャンペーンの概要を紹介したいと思います。詳細はANAのサイトにマイレージ番号でログインして内容をチェックしてみてください。

抽選で100人に1人全額マイルバック

  • エントリ期間:2018年12月26日(水)15:00~2019年7月7日(日)23:59〈日本時間〉
  • 対象便搭乗期間:2019年5月24日(金)~7月11日(木)
  • 対象便:ANAグループ運航(ANA/エアージャパン)のホノルル線便(往復)
  • 対象者:ANAマイレージクラブ会員および特典利用者登録済の2親等以内の家族
  • 対象クラス・シート:プレミアムエコノミー、またはエコノミークラス

抽選で全額マイルバックなので、ラッキーであればレギュラーシーズンに必要なマイルが全部返ってきます。

たくさんマイルが余っていてしょうがない!という方はこれいいですよね。

レギュラーシーズンに必要なマイル数はそれぞれ以下で、このマイルが全部返ってくるのです。

  • エコノミークラス:40,000マイル
  • プレミアムエコノミークラス:58,000マイル

対象搭乗期間としてGW開けの5月中はローシーズンとして設定されているので、5月中にもしも特典航空券の予約ができると、さらに以下のマイル数でキャンペーンに参加できます。

ローシーズンに必要なマイル数

  • エコノミークラス:35,000マイル
  • プレミアムエコノミークラス:53,000マイル

手堅く?5,000マイルバックキャンペーン

  • エントリ期間:2018年12月26日(水)15:00~2019年5月31日(金)23:59〈日本時間)
  • 対象便搭乗期間:2019年9月1日(日)~2019年11月30日(土)
  • 発券締切日:2019年5月31日発券分が対象
  • 対象便:ANAグループ運航(ANA/エアージャパン)のホノルル線
  • 対象シート:ファースト・ビジネス・プレミアムエコノミー、エコノミー
  • 対象者:ANAカード(クレジットカード券面にANA CARDと記載のあるカード)会員

対象路線を期限までに予約して搭乗すると2019年12月20日(予定)に5,000マイルがマイレージ口座に戻ってきます。

レギュラーシーズンですと、5,000マイル返ってくるのでエコノミー、プレミアムエコノミーだとローシーズンのマイルで搭乗できることになりますね。ちなみに、ビジネスやファーストクラスを狙っている人もいるかもしれませんので、必要なマイル数を掲載しておきます。

 ローシーズンレギュラーシーズンハイシーズン
エコノミー35,00040,00043,000
プレミアムエコノミー53,00058,00061,000
ビジネス60,00065,00068,000
ファースト120,000120,000129,000

シーズンチャートはANAのサイトで確認できます。GWやお盆休み中、年末年始がハイシーズンになっています。2019年のシーズン振り分けは以下のようになっていますので出発日がどのカテゴリになっているかを確認して予約に必要なマイル数を確認します。

  • ローシーズン:1/7~2/28、4/1~4/25、5/8~5/31
  • レギュラー :3/1~3/31、6/1~7/24、8/20~12/17
  • ハイシーズン:1/1~1/6、4/26~5/7、7/25~8/19、12/18~12/31

 

今回、私はA380のエコノミークラスがどのくらい快適なのかを確認したいと思っているので、エコノミーで予約をしたいと思います。日程は10月の上旬に搭乗しようと日程を検討しています。それ以外にもマイルを他の用途にも利用したいという思いがあるので、今回はエコノミーで予約をしたいと思います。

特典航空券の予約方法とサーチャージの支払い

マイルを使って特典航空券の予約をするため、ANAサイトにマイレージ番号でログインして、予約したい便に空きがあるかを確認します。

「ANAマイレージクラブ」のタブを選択すると特典航空券の選択画面が表示されますので、ANA国際線を選択します。

ANA国際線を選択すると、右側にANA国際線特典航空券の画面が表示されるので、「特典航空券予約」を選択します。

anamile-hawaii04

会員ログイン画面が表示されますので、ログインします。

anamile-hawaii05

以下のような画面が表示されますので、出発地、到着地、日程、そして予約クラス(特典エコノミー、特典ビジネスなど)を選択して検索します。

anamile-hawaii06

航空券が予約できるようであれば、以下のような画面が表示されて、出発時間を選択できるようになっていますので、希望便を選択します。今回、私はA380に搭乗したいので、388機材を使用した便を往復ともに選択しました。

anamile-hawaii07

必要マイル数を確認し、サーチャージや税金など支払い金額を確認して「次へ」を選択すると、以下の画面が表示されます。

anamile-hawaii08

手荷物の個数などが表示されるのでそのまま確認してスクロールさせます。

anamile-hawaii09

事前に座席指定をする場合は座席指定をしたり、食事の選択やオプショナルサービスを選択する場合は選択します。予約した後でも設定ができるので、今回はそのまま次に進ませました。

anamile-hawaii10

eチケット送付先のメールアドレスの確認、SMSを希望する場合は電話番号、滞在先が決まっていればホテルの情報を入力して次へ進みます。

anamile-hawaii11

この先を進ませる場合は、登場者の名前変更ができなくなるので、パスポートと同じ名前(英語表記)であることを確認した上で、決済画面に進んでいきます。

anamile-hawaii12

支払い情報画面が表示されます。

anamile-hawaii13

クレジットカードの情報を入力して、最後に内容確認をして発券するボタンを押すと決済が行われます。

anamile-hawaii14

サーチャージが3月発券までよりは片道でハワイ路線は4,000円もさがったので往復8,000円も安く発券できます。この価格は5月発券分まで有効なので、5,000マイルバックキャンペーンを利用する方は、空席があるうちに早めに予約するとよいと思います。

まとめ

ANAがA380機材をハワイ路線に投入したことで、航空券がJALに比べて安く購入できますし、さらにマイルで予約ができるように特典予約の枠も増えたので、ハワイ路線はマイルでの予約がお得にできるようになりました。

マイルバックキャンペーンという太っ腹なキャンペーンも開催中なので、これを機会にハワイに行ってみるのもよいと思います。

今回は3泊5日と短い滞在にはなりますが、久しぶりのハワイを楽しみたいと思っています。

もしも一気にマイルを貯めたい!という方にはANAカードのアメックス入会を検討してみるのもよいと思います。キャンペーン中で一気にマイルが貯まるのでお得です。以下の記事をご参考にしてみてください。

2019年ANAアメックスゴールド入会キャンペーンが凄い!紹介による入会で最大9万マイル

今回のキャンペーンには間に合いませんが、マイルをコツコツ貯めていきたい方にはソラチカカードが初年度の年会費も無料なのでおすすめです。こちらは今までにないくらいの大型キャンペーンが開催されているのでお見逃しなく!

2019年ソラチカカード入会キャンペーン ポイントサイト7500円相当獲得!

この情報が皆様の旅の計画に役立てていただけたら幸いです。

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。