公開日:

特典航空券が予約できない!? ANAマイルの使い方 ケーススタディ

もしも有効期限が近づいてきたマイルがあったら、どうしますか?せっかく貯めたマイル、失効させたくないでよね。

マイルは航空券に交換するのが、一番有効な使い方であるのも事実ですが、予約したい航空券の空席が見つからない、という悩みは国際線ではよくあります。

1マイルの価値は2~3円と言われています。ピンと来ないかもしれませんが数字で見ると明確です。この記事では、マイルの価値を知るとともに、マイルの使い方あれこれをケーススタディで紹介したいと思います。

マイルの価値(ANAの場合)

ANAマイルはいろいろな使い方ができます。

  • 特典航空券に交換(王道で一番マイルの価値が高い使い方)
  • スカイコインに交換(一番よい条件で1マイル=1.7円の価値)
  • 片道3000マイル〜!? 国内線限定路線に交換
  • ショッピングに利用(1マイル=1円)
  • 座席のアップグレード(国際線は予約クラスの条件が高いので、お得ではない)

 

それでは、お得度を見ていきましょう。

 

国際線特典航空券交換がマイルの価値は最大!

東京~ハワイ(エコノミー40,000マイル)の特典航空券に交換してみるとしましょう。

2020年3月19日~23日(22日搭乗)でA380フライングホヌのエコノミーが往復予約できそうです。

同じ条件で、航空券を購入するといくらで販売されているのかをチェックしてみます。

 

運賃115,000円+諸税22,870円で、137,870円の航空券を手配できそです。春休みにかかるのでちょっとお値段が高いですね。。

40,000マイルで予約できる成田=ホノルルの往復航空券(エコノミー)は115,000円の価値になるのです。

1マイル=2.875円の価値である計算になります。一番お得なのは、国際線特典航空券に交換することです。

 

国内線特典航空券交換がマイルの価値は?

では、国内線で見てみましょう。

東京~沖縄(エコノミー21,000マイル)の特典航空券に交換してみるとしましょう。

2020年3月21日~23日で羽田=沖縄のエコノミーが往復予約できそうです。でも、沖縄は人気ですね。残席が3でした。しかもハイシーズンになり、21,000マイル必要です。

同じ日程で航空券を購入する場合、以下の金額で購入できます。(変更できない一番安い運賃)

マイルの価値は、1.63円である計算になります。

国際線航空券が予約できれば、やっぱりマイルは国際線の特典航空券に交換するのが一番お得であることがわかります。

 

特典航空券が取れない! スカイコインに交換して購入する選択

マイルはたくさんあるのに、特典航空券に交換できない!という場合は、マイルをスカイコインに交換して、そのコインで航空券を購入するというやり方があります。私はこの方法を頻繁に利用しています。

50,000マイル以上持っていれば、1.6倍(一般会員)でスカイコインに交換できますので、50,000マイルが80,000円分のコインになります。

80,000円分のANA航空券やANAツアーの予約に利用することができ、不足分はクレジットカードで支払う、という方法です。

先のハワイの航空券に80,000円充当することで、57,870円でハワイ行きの往復航空券が購入できるという具合です。

ANAの上級会員の場合は、1.7倍でスカイコインに交換できるので、最大で1マイル=1.7円の価値になります。

50,000マイルは85,000円分のスカイコインになるので、さらにお得に航空券を購入することができます。

国内線についても、予約便がマイルで取れない場合、スカイコインにマイルを交換し、予約したい時間帯のチケットを購入するということもできるのです。

また、ANAのツアーの支払いにも充当できますので、スカイコインは航空券予約だけでなく、ツアーにも利用できることを覚えておくとよいですよ。

 

 

微妙なマイルの有効期限がある場合、ショッピング利用

ANAマイルを使って、A-styleなどANAのショッピングサイトでショッピングをした場合、1マイル=1円で利用することができます。

先のスカイコインに交換する場合も1マイル=1円~価値があります。

A-sytpeやANAマイレージモールでマイルを使う場合、直接マイルを使えるようになったので、何も手続きをする必要はありません。またANAカード払いとの併用もできるので、すごく使いやすくなっています。

8,000マイルの有効期限が近くて、ワインをプレゼントしたっていう同僚もいました。8,000マイルあれば、けっこういいワインをプレゼントできますね。

 

アップグレードで利用する

これはかなりハードルが高い利用方法です。エコノミーからビジネスのアップグレードを希望する場合、高い航空券が必要になるのです。しかも空きがあれば、という条件なので、叶わない場合の方が多いのです。

このような条件になっています。

国際線)

  • エコノミー → プレミアムエコノミー ・・・Y/B/M/U/H/Q/V クラス
  • エコノミー・プレミアムエコノミー → ビジネス ・・・G/E/Y/B/M/U クラス

   ※「N」クラスは対象外

  • ビジネス→ファースト・・・J/C/D/Z クラス

   ※「P」クラスは対象外

 

特にプレミアムエコノミーへのアップグレードは、上級会員にアップグレードポイントを利用してアップグレードするというサービスが2020年4月から始まるので、ハードルが高くなります。

ビジネスクラスへのアップグレードのためには、エコノミー、またはプレミアムエコノミーの航空券を高いランクで購入する必要があります。だったら、いっそのこと最初からビジネスをの安い運賃で購入した方が確実、というケースもあります。プレミアムエコノミーとビジネスの値段の差があまり変わらないような場合は、ビジネスをスカイコインを使って買ってしまうのが得策だと思います。

 

2019年の旅行で使用したマイル数と交換内容を公開!

2019年1月から9月までの9か月間で、ANAのマイルを31万マイル貯めました。

2回に分けてそのマイルを国際線航空券手配のために使ったので、どのようにマイルを使ったのかを紹介したいと思います。

 

2019年1月から9月までに貯めた31万マイルの利用実績

内訳)

 

※それぞれの搭乗記を公開していますので、リンクをはっています。よかったらご覧ください。

6月から9月までの4か月間でさらに19万マイルを貯めました。

10月に入りサーチャージが下がったところで、9月までの4か月間で貯めたマイル19万マイルをまたまた全部使いました。

  • パース(ビジネスクラス)チケットを購入・・・19万マイル消費

 

マイルで特典航空券に交換したのは、ハワイ便のみで、あとはマイルをスカイコインに交換してチケットを購入しました。これはパース行きチケットの領収書の抜粋です。スカイコインで323,240円分を充当しました。

 

まとめ

マイルの価値、そしてマイルの使い方をご紹介しました。

一番お得なのは国際線特典航空券に交換することです。マイルを貯める醍醐味でもありますね。

席数が少ないので、希望する便が取れないかもしれませんので、早めにおさえるか、たくさんマイルがあれば、スカイコインに交換して航空券購入に充当するという方法があることを覚えておくとよいと思います。

少ないマイル数の場合は、ANAのショッピングモールで利用するとよいと思います。1マイル=1円として支払いができるので、交換する必要もありません。

マイルの使い方に悩まれた場合、ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。