公開日: 更新日:

IHGスパイアエリート アップグレード検証 インターコンチネンタル東京ベイ編

こんにちは、Smiley  Travelerです。

先日、インターコンチネンタル東京ベイに1泊宿泊しました。

IHGグループのキャンペーンでボーナスポイント獲得オファー開催している中で、あと少しで達成ということもあり、宿泊を決めました。

この記事では、インターコンチネンタル東京ベイでのアップグレード結果、部屋やラウンジの様子についてレポートしたいと思います。

インターコンチネンタル東京ベイ宿泊記

IHGスパイエアエリート資格を保有している会員がどのようなアップグレードが得られるのか、確認しましたのでレポートしたいと思います。

ちなみに、インターコンチネンタルアンバサダーの会員資格は保有していません。

宿泊したIHGグループ(東京)のホテル

今回滞在したIHGグループのホテルは以下のホテルです。

2019年8月25日~26日(1泊):ANAインターコンチネンタルホテル東京ベイ

無料客室アップグレードの結果

レギュラーフロア スーペリア リバービューダブル ⇒ クラブフロア スーペリア リバービューダブル(2ランクアップ)

2ランクアップの「クラブフロア スーペリア リバービューダブル」という21階の高層階クラブフロアーにある部屋になりました。

今回の滞在ではポイント獲得キャンペーンを受けたかったこと、スパイアエリートをキープするという目的もあったのでボーナスポイント3,000ポイント獲得プランで予約をしていました。同じボーナスポイント3,000ポイント獲得プランで予約した場合の金額は以下の金額です。

•レギュラーフロア スーペリア リバービューダブル:21,375円

•クラブフロア スーペリア リバービューダブル:35,625円

差額にして14,250円でした。 スパイアエリート、素晴らしいです!

クラブフロアなので、クラブラウンジが使えるのかな?と思ったのですがチェックインの際に「クラブフロアは使えません」と最初に言われました。

あら、がっかり。。

「クラブラウンジは使えないんですね。。」としょんぼりして言ったところ、

「今回初めてのご滞在なので特別にクラブラウンジもご利用になってみてください。次回の滞在からは有料でお願いします。」

と言ってくれたのです。

カードキーを再設定いただき、20階のクラブラウンジも利用させていただくことができました! ありがたい!

プライオリティチェックインサービスの結果

通常のカウンターでチェックイン・・・なし(通常カウンターでチェックイン)

IHG会員専用レーンがありましたが、フロントが空いていたのですぐにチェックインできました。

ウェルカムサービスの結果

ウェルカムドリンクかウェルカムポイントどちらを選択するか問われ、ポイントを選択。

600ポイント加算を選択・・・◎

これはいつも通りですね。ドリンクサービスの方がお値段的にはお得なのだと思いますが、ポイントを貯めると無料宿泊特権がありますので、ポイントを貯めることを選択しています。

 

客室内の様子

今回滞在したクラブフロア スーペリア リバービューダブルの客室内の様子を紹介したいと思います。フロアーは21階でとっても広々としたお部屋でした。また、リバービューの中でも眺めの良い場所をアサインいただけたと思います。

昼間の部屋からの眺めです。遠くにスカイツリーも見えますね。

ちなみに、夜景はこのような感じでした。スカイツリーのライトは遠いので撮影できなかったです。リバービュー、悪くないですよね。

ベッドはキングサイズのベッドで、本当に広々としていて贅沢です。

サイドテーブルには充電できるようコンセントもしっかりありました。これ、大事ですね。

窓際のソファー。居心地がよかったです。

続いてテレビ台と荷物置き場です。テレビ台の上にネスプレッソマシンがありました。今回ラウンジを利用できたので、結局使いませんでした。

テレビの下が引き出し式のミニバーコーナーになっていました。

引き出しには、アルコールやスナック菓子もあり。。

カップやグラスも。ネスプレッソ用のカートリッジはここにありました。

真ん中は湯沸かしポットがおかれていました。

右側は冷蔵庫です。ここにもネスプレッソのカートリッジがありました。

お水は2本、備え付けられていました。

続いてクローゼットです。一番左側にはパジャマ、セキュリティボックスがありました。

右側のクローゼットには、バスローブやスリッパ、ハンガーもちゃんとたくさん備え付けられていました。

最後にバスルームです。シャワーエリアとバスタブが分かれていて、使いやすかったです。

バスタブもあって、ゆったりできます。バスソルトもありました。

バスアメニティはいつものアメニティがそなえつけらていました。

引き出しを開けると、ドライヤーが入っていたり、歯ブラシなどの小物のアメニティも引き出しの中に収納されていました。

洗面台がすっきりした印象でした。

クラブラウンジ

今回、せっかくクラブラウンジも利用できることになりましたので、ラウンジの様子もレポートしたいと思います。

ラウンジの営業時間はこのように決められています。

  • アフタヌーンティー(14:00~16:00)
  • ディナータイム(17:00~20:00)
  • 朝食(7:00~11:00)

 

それぞれ利用しましたので、簡単にレポートしたいと思います。

アフタヌーンティー

チェックインして部屋に荷物を置いてから、ランチを食べていなかったので、さっそくアフタヌーンティーをいただくことにしました。

最初におしぼりとお茶をいただきました。

ドリンクメニューとスコーンやサンドなどのセットになったものなどいろいろメニューがありましたがセットとドンリンクはアイスコーヒーをいただきました。

和モダンなスタイル! どれも少しずつ、おいしそう!!

サンドのパンはしっとりしていました。 マカロンもちびっこサイズでかわいい! 

スコーンも暖かくて、クリームとブルーベリージャムをつけて食べると、最高です。

ラウンジには、常時クッキーやコーヒーメーカーもあるので、オープンしている時間帯はラウンジ内で自由にいただくことができます。

ここで、職場の上司にバッタリ会うというまさか!?のハプニング。ご家族で滞在を楽しまれたそうです。

ラウンジからの眺め。なんだか懐かしいビルが。。そう、昔このビルにいました。

ディナータイム(17:00~20:00)

アルコールを含めたドリンクとビュッフェスタイルのディナーをいただくことができます。

品数はそれほど多くはありませんが、ご飯ものもありますし、満足感はありました。

いろいろいただいてみました。意外とお腹が膨れます。ワインとチーズを楽しんでいる方が多かったです。

温かいお料理やスティック野菜、チーズは人気でいただけなかったのですが、チーズにクラッカーもありました。サラダのコーナーもあり、サーモンなどもありました。

スパークリングワインやアサヒのスーパードライ黒ビールをいただいたりしながらディナータイムを満喫しました。

人が多かったので、あまり撮影ができなくて写真が少なくてすみません。

朝食

この日は出張があり、羽田に9:00過ぎまでに向かう必要があったので、7:00過ぎに朝食をいただくことにしました。

座席を案内していただき、卵料理のリクエストを聞いていいただきました。オムレツをオーダーし、具はすべて入れてくださいとお願いしました。

それ以外はビュッフェスタイルの朝食です。レインボーブリッジを眺めることのできるすごく良い席でした。

スムージーもありましたし、いろいろいただきました。これで出張先でも頑張れるってものです。

パンコーナー。種類が豊富で迷っちゃいます。

デニッシュやクロワッサンもありました。すごい種類がたくさんありますね。

フルーツのコーナー。ライチもありました。

サーモンやサーモンもありました。

こちらはソーセージやベーコン、スクランブルエッグやゆで卵はこちらからいただきます。

駅とホテル間のシャトルバスについて

誰でも利用することができます。私はチェックアウト後、浜松町の駅までこのシャトルバスを利用しました。

本当は浜松町駅からも乗車したかったのですが、調査不足でシャトルバスの乗り場がわからなかったので歩いていきました。

シャトルバスはJR浜松町と品川へ出ていて、タイムテーブルと駅の乗車位置は公式サイトから確認ができます。

全体的な感想

今回、初めてインターコンチネンタル東京ベイホテルに宿泊しましたが、山手線エリアに送迎バスで10分程度でいけることもあり、羽田へのアクセスも考えるととても立地が良いと思いました。

クラブフロアは広くて、眺めも良く、とても快適に過ごすことができました。東京湾側のベイビューだったらレインボーブリッジなどのお台場の景色が期待できると思います。

今回、特別にクラブラウンジを利用させていただきました。

複数名での滞在を考えた場合、差額14,250円で2名、3名がすべての時間帯でラウンジを利用することを考えた場合、とてもリーズナブルなのではないかな?と感じました。

ご家族で宿泊する場合は、ラウンジ利用を選択することで、レストラン利用コストを抑えることもできるかもしれません。

レストランの食事の内容と比べたらいけませんが、アルコールをたくさんいただく方には、ラウンジ利用可能なクラブフロアを最初から予約しておくのがよいかもしれないと思いました。

キャンペーンは最大限活用すべし!

IHGグループでは、頻繁にキャンペーンをしているので、上級会員を目指しやすく、ポイントがたくさんたまるので、無料宿泊にポイントを充当したり活用しがいがいあります。

今回、私はスピードアップキャンペーンを利用し、あと1回ボーナスポイントパッケージを予約することで(合計3回必要)6,600ポイントを獲得できる状況にありましたので、利用しました。

結果、以下のポイントをためることができました。

  • 基本ポイント 1,614ポイント
  • ボーナスポイント3,000ポイント
  • スパイアエリートのボーナスポイント(基本ポイントの100%) 1614ポイント
  • キャンペーンの6,600ポイント

 

合計12,828ポイント

現在、私が保有している130,553ポイントで、これを使って12月の名古屋(Bリーグアウェー戦の応援で利用予定)と来年2月1日にオープンするIndigoブランドの箱根強羅の宿泊予約をしました。

ちなみに、ポイントを使って、8月にオープンしたインターコンチネンタルリゾート大分別府の予約はすでに完了していて、今から宿泊するのが楽しみです。

次回は、ハワイのホリデーインエキスプレス ワイキキでの滞在を予定していますので、またレポートしたいと思います。

以上、IHGスパイアエリートアップグレード検証&宿泊記 インターコンチネンタル東京ベイ編でした。

IHGグループのホテルってどうなんだろう? 宿泊してみたいな、と考えていらっしゃる方の参考になれば幸いです。

宿泊費はIHGの公式サイトから直接予約が一番お安いです。ぜひ以下のバナーからチェックしてみてください!

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。