公開日:

IHGスパイアエリートアップグレード検証&宿泊記シドニー編(2019年8月)

IC Sydney Double Bay

今回、シドニーにたくさんあるIHGグループホテルの中から2か所選んで利用しましたので、アップグレード結果と宿泊記をまとめました。

ウルル(エアーズロック)への旅の行程の前後にシドニーに1泊ずつしました。飛行機の遅延などがあると、ウルルへの便数が少ないので、当日の乗り継ぎはリスクがあるというアドバイスを旅行会社の方からいただいたことからそのような行程にしました。

IHG スパイアエリート アップグレード検証 in シドニー

この記事では以下の内容について綴っています。

  • シドニーで宿泊したIHGグループのホテルとアップグレード結果
  • 宿泊したホテルの部屋の様子を写真で紹介
  • 滞在しての感想

宿泊したIHGシドニーのホテル

  • 2019年8月16日~17日(1泊):ホリデーイン シドニーエアポート
  • 2019年8月19日~20日(1泊):インターコンチネンタル シドニー ダブルベイ

無料客室アップグレードの結果

  • ホリデーイン・シドニーエアポート AU$ 174.80

  1 Queen Bed Standard => 1 King Bed Superior  差額:30AUD(約2,160円)

HI Sydney airport

  • インターコンチネンタル シドニー ダブルベイ AU$ 332.22

  KING BAYSIDE => KING BAYSIDE 差額:0円

IC Sydney Double Bay

プライオリティチェックインサービスの結果

  • ホリデーイン シドニーエアポート:通常のカウンターでチェックイン

  ※アーリーチェックインがOKで、10時過ぎに部屋を提供してくれました。

  • インターコンチネンタル シドニー ダブルベイ:通常のカウンターでチェックイン

ウェルカムサービスの結果

  • ホリデーイン シドニーエアポート:500ポイント加算を確認・・・◎

  ウェルカムドリンクかウェルカムポイントどちらを選択するか問われ、ポイントを選択。 

  • インターコンチネンタル シドニー ダブルベイ:600ポイント加算を確認・・・◎

  ウェルカムドリンクかウェルカムポイントどちらを選択するか問われ、ポイントを選択。

レイトチェックアウト

  • ホリデーイン シドニーエアポート:フライトがあったので利用せず
  • インターコンチネンタル シドニー ダブルベイ:12時までならOKで1時間のみ延長 

その他

シドニーのIHGグループホテルから、事前の確認メールはどちらからもありませんでした。事前の確認メールを送ってくれるのはひょっとしたら東南アジアだけなのかもしれません。日本でもメールは送られてきません。

今回、空港とホテル間のシャトルバスに関して、ホリデーイン・シドニーエアポートに事前にタイムテーブルや乗り場についての確認メールをしたのに、その返事もありませんでした。

また、サイトにはシャトルバスの料金がAU$7と書かれていましたが、バスターミナルのスタッフに聞いたらAU$10だと言うではありませんか。。いったい何が正しいのかちょっとわからなくなりました。

タイムテーブルもわからないし、バスターミナルで30分待っても来なかったので、諦めてUberを使ってホテルへ行くことにしました。最初からそうすればよかったな。。UberでAU$18くらいでした。Uberの使い方はこちらの記事で紹介していますので、ご参考にしてみてください。

シドニー国際空港でUber初利用!配車アプリUberは簡単・安い・ラク!

ホリデーイン・シドニーエアポート 宿泊記

まずは部屋の様子を写真に撮影してきたので紹介したいと思います。ワンランクアップグレードいただき、なんと最上階の1室でしたので、眺めが良かったです。

部屋はとても広くて、綺麗に整っていました。明るいです。

HI Sydney airport

ベッドはキングサイズ、枕もfirm(堅め)とSoft(柔らかめ)と2種類置いてありました。

HI Sydney airport

ベッドのサイドテーブルの上にアラームクロックがありますが、ここにUSBポートがついています。ここで充電ができます。

HI Sydney airport

デスクにはコンセントが複数用意されていて、日本のコンセントがそのまま利用できました。

HI Sydney airport

スーツケースを置く場所もちゃんと用意されていました。

HI Sydney airport

バーカウンターです。お水はなんと、2本でAU$6という札がかかっていたので、水は有料でした。さすが、水がとっても高いオーストラリア。無料提供はなかったです。

HI Sydney airport

お水は有料でしたが、ネスプレッソの入ったボックスにクッキーが添えられていました。これはいただけます。

HI Sydney airport

こちらはクローゼット。バスローブもありました。ここにドライヤーがあります。

HI Sydney airport

こちらは洗面台です。

HI Sydney airport

タオルとバスアメニティがちゃんとありました。半透明の引き出しの中には歯ブラシなども備え付けられていました。

HI Sydney airport

バスタブ付きのお部屋でした。

HI Sydney airport

シャワーはハンドシャワーで水圧もお湯の量も十分満足できるものでした。

HI Sydney airport

Mascot駅まで徒歩10分以内

このホテルから最寄りの駅まで10分弱で歩いていくことができました。この駅からセントラル駅まで2駅。とても便利な場所でした。

早朝到着便でしたので、空港でSIMを購入したり用事を済ませてからチェックインし、少し仮眠をとってから、出かけました。

行き先はもちろん、フィッシュマーケットです。シドニーに行ったらここは外せません。

Sydney fish market

Opalカードにチャージをしておくと、電車、フェリー、バス、すべて利用できますので空港で入手しておくとよいです。

シドニーの街歩きの記事は別にアップしたいと思います。記事ができたら、こちらにリンクを掲載したいと思います。

インターコンチネンタル・シドニーダブルベイ 宿泊記

まずは部屋の様子を写真に撮影してきたので紹介したいと思います。アップグレードはなかったのですが、もともとランクのよい部屋を予約していたこともあって、部屋はとてもゴージャスでした。

とても広くて、綺麗に整っていました。

IC Sydney Double Bay

ソファーは居心地がよかったです。ここからテレビを見たり、パソコンしたりしていました。

IC Sydney Double Bay

テーブルもあって、ここには無料の炭酸水とボトルに入ったお水が提供されていました。

IC Sydney Double Bay

デスクにカードが添えられていまして、ウェルカムメッセージが書かれていました。

IC Sydney Double Bay

 

扉を開けるとバーカウンターがありました。湯沸かしポットなどはスライド式で手前に出せるようになっているので、お湯を沸かしたりする時は手前に引いて使います。

IC Sydney Double Bay

クローゼットです。ハンガーも十分あり、バスローブもありました。

IC Sydney Double Bay

バスルームです。とっても広々としていました。こちらは洗面台。2つも蛇口があります。

IC Sydney Double Bay

こちらはシャワーブースです。レインシャワーとハンドシャワー両方ありました。

IC Sydney Double Bay

日本ではハンドシャワーが主流なので、レインシャワーを使うことがありませんね。

こちらはバスタブです。とても大きくてよかったです。

IC Sydney Double Bay

アメニティ類は引き出しに綺麗に備え付けられていました。ボックスを開けるといろいろ入っていました。

IC Sydney Double Bay

ネイルキットやコットン、ソーイングセットなども入っていました。ありがたいです。

チェックインした時はもう夜だったので、ベランダの景色を翌朝確認してみました。扉が開けられるようになっていて、テーブルとイスが置かれていましたが、それほど広いベランダではありません。

IC Sydney Double Bay

スマホの望遠でこの景色です。。3階の角部屋でベイエリアがかろうじて眺められるというレベルで、5階であればもっと眺めがよかったと思いました。アップグレードを期待したのですが、今回は非常に残念でした。

IC Sydney Double Bay

ホテルまでの移動はタクシーかUberでないと不便

空港からの移動ですが、坂道が多いシドニーなのでタクシーかUberで移動した方がよいです。特に複数人数ならば割安になります。

サーキュラーキーからフェリーという手もありますが、スーツケースを持っているとサーキュラーキーの移動が大変です。値段はAU$17.67です。(2019年8月現在)

また、サーキュラーキーからダブルベイ行きのフェリーは1時間に1本しかありません。

ダブルベイのフェリーターミナルまではホテルから徒歩5分程度で、こちらは坂道がないので、小さなスーツケースであれば空港からの移動でフェリーを利用するというのもありかもしないです。

私はチェックイン日は飛行機が遅れたこともあって遅い時間だったのでUberで移動しました。

国内線ターミナルからホテルまではAU$36.41、ホテルから国際線ターミナルまではAU$42.81でした。

まとめ

今回、シドニーで初めてIHGグループホテルを2か所利用しました。それぞれ感想をまとめたいと思います。

ホリデーインシドニー空港はコスパよいホテル

ホリデーインシドニーエアポートは中心地のホテルより安く、電車の駅にも空港にも近い便利な場所にあります。

翌日に乗り継ぎがあるという場合や、シドニー中心部のホテルは高いからコストが合わないという場合にも利用するとよいと思いました。

シドニーセントラルまでたったの2駅で行けますし、サーキュラーキーまでも電車で20分なので宿泊費を抑えたいという場合に選択してよいホテルだと思いました。

ホテル周辺には、駅に近づくとカフェやバーなどの飲食できる場所もたくさんありますし、ホテルにもレストランがありました。利用しなかったのでレポートはできませんがホテルのレストランは金曜の夜ということもあってか、とても賑わっていました。

静かに過ごしたいならインターコンチネンタルシドニーダブルベイはおすすめ

インターコンチネンタルシドニーダブルベイは、高級住宅地に建てられていて静かに過ごしたいという人にはおすすめのホテルです。

観光したい場合は、フェリーを利用して移動するのが便利ですが、1時間に1本しかないということを考えると、中心地や先に紹介したホリデーインシドニーエアポートなどのホテルを選んだ方がよいと思います。

アップグレードにはちょっと渋い対応だったとは思いますが、部屋はもともとリッツカールトンホテルだったこともあって、ゴージャスでした。

IHGグループのホテルはシドニー中心部だけでも6軒もあり、さらにダーリングハーバーとシドニー空港に1軒ずつオープンが予定されていますので、またシドニーに行った際には別のホテルに宿泊してレポートしたいと思いました。

IHGグループをお得に利用するためにキャンペーン情報を随時更新して以下の記事でまとめています。宿泊してみたい方、どういうキャンペーンがあるのかをぜひチェックしてみてください。

IHGホテルリワーズクラブ会員のキャンペーン・ディスカウントまとめ

以上、IHGスパイアエリートアップグレード検証シドニー編でした。

最後までおつきあいただいき、ありがとうございました。