公開日:

IHG ANAホリデーインリゾート信濃大町くろよん宿泊記 2020年8月

こんにちは、Smiley Travlerです。

先日、IHG(インターコンチネンタルホテルズグループ)グループで7月にリブランドしてオープンしたANAホリデーインリゾート信濃大町くろよんに2泊、ポイントを利用して宿泊しましたので、宿泊記としてまとめました。

この記事では以下の内容を紹介します。

本当は春にオープン予定だったようですが、昨今の影響で7月オープンになりました。

フロントエリアとチェックイン時の対応

ANAホリデーインリゾート信濃大町くろよんに到着すると、入口でスタッフの方が検温チェックをしています。検温を終えてすぐにカウンターでチェックイン手続きをしました。

翌日に黒部ダムに行きたいということをあらかじめ電話で伝えていたこともあって、黒部ダムの関電バスが半額になるクーポン券を発行してくれました。これはありがたい!

大町のホテルに宿泊している人向けに割引券を出しているそうなので、黒部ダムに行く予定がある場合は、チェックイン時にでも伝えてクーポン券を発行してもらいましょう。

また、ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)を持っている人はチェックイン時に見せて、ウェルカムアメニティのドリンクチケットを発行してもらうといいですよ。

IHGスパイアのウェルカムドリンクはしっかりいただいたのですが、SFCのウェルカムドリンクがあることすっかり忘れていました。チェックアウト時にテイクアウト用にアイスカフェオレを丁寧に用意してくれました。親切にしていただいて感動しちゃいました。

ホテルのロビーはとても広くて、奥にはバーカウンターがあります。このカウンターは17時でクローズしてしまうのです。

フロントの裏手には、大きなテーブルやソファー席もあって、くつろぐことができます。人が座っていたので写真に撮れませんでしたが、ハンモックチェアもありました。

パソコンも使えます。ソーシャルディスタンスのためか、椅子もテーブルの大きさにしては少なくて4脚だけありました。

デラックスルーム紹介

今回の予約は1泊15,000ポイント使ったスタンダードツイン2泊の予約でしたが、スパイアエリート会員だったこともあって、2ランクアップのデラックスルームにアップグレードしていただきました。

お部屋はテラス付きの110号室でした。

メインルームです。とても広々していて、申し分ありません。エキストラベッドも余裕で入れることができると思います。

ツインでベッドも大きくて、贅沢でした。テーブルと椅子のスペースにエキストラベッドを入れられるだけの十分な空間があります。窓側から部屋を撮影してみました。

そして、ベンチもあって広々としています。

テーブルをベンチの方に寄せて、直売所で買ってきた桃を食べたり、信州ワインを飲んだりして夜はゆったり過ごしました。

そして、テラスです。部屋は1Fで目の前はゴルフ場です。夕方になると風が心地よかったです。

部屋に戻ります。テレビがベッドの正面に配置されていて、ベッドでくつろぎながら見ることができました。

テーブルにはアルコール72%のウェットティッシュも毎日置いてくれました。

テレビ台の下に、グラスやマグカップ、お水も2本ありました。

2段目には、ティーバッグなどがあり。。

一番下の段には、湯沸かしポットとアイスペールがありました。1Fに製氷機があったので、便利でした。写真にはありませんが、冷蔵庫も備え付けられていましたので、買ってきた果物やワインを冷やしておくことができました。

クローゼットです。大きくて申し分ありません。

続いてバスルームです。歯ブラシなどのアメニティはちゃんとそろっています。

このホテルには大浴場(温泉)があるので部屋のお風呂は2日間とも使いませんでした。

ちなみに、温泉は1Fにあります。露天風呂がとても気持ちよくて、涼しくなった季節もまたいいだろうと思いました。

レストラン「ボタニカ」

レストランは「ボタニカ」の1か所のみです。ここで朝食を2回、夕食を1回いただきました。夕食を利用する場合はあらかじめ連絡をして席を確保しておくことをお勧めします。また、ウェルカムアメニティのドリンクチケットは、このレストランでも利用することができるので、レストランを利用する予定がある場合は、レストランで使うのがいいと思います。

朝食のサービス

メニューはタブレットで和食か洋食の内容を見て選びます。コロナ禍の営業なので、ビュッフェではなく、配膳されます。ドリンクもワゴンサービスがあるので、オーダーして都度いただく形です。

朝はゴルフ場の緑がまぶしくて、すごくさわやかな気分になります。

1回目は洋食を選びました。「3」と書かれているのがテーブルの番号札で、番号札を持って行き、ライブキッチンで卵料理をオーダーします。

パンに卵料理、サラダとベーコンやソーセージのシンプルな朝食ですが、お腹が満たされました。

2日目の朝食はせっかくなので違うものをいただこうと思い、和食をチョイスしました。

ライブキッチンでは、オムレツをオーダーしました。友達はメニューにはなかったポーチドエッグをオーダーしたところ、作っていただきました。

和食の方が品数も多くてボリュームありました。さらにライブキッチンの卵料理も選べるので、個人的に和食の方が良かったというのが感想です。

 

コース・ディナー

車移動をしていたので、夕食時にアルコールをいただく場合はホテルでゆっくり食事をいただきたいものですよね。2日間のうち、1回はホテル内のレストランでディナーをいただくことにしました。

まずはウェルカムアメニティチケットで、シャンパーニュをいただきました。ミモザが描かれたグラスが素敵!

前菜は信州サーモンやエビを夏野菜とともに、スープは冷製のポテトスープでとっても美味しかったです。

メインは信州ポークのグリルをいただきました。信州サーモンや信州ポークなど、信州ブランドに力が入っています。

最後にデザート、パンナコッタをいただきました。信州のブルーベリーとイチゴがふんだんに使われていました。グラスが曇っていてすみません。。

足湯は誰でも利用できる

ホテルから歩いて5分くらいのところに足湯場があります。ここは野生の猿たちも入りにくるのだとか。。お湯が出ているところはすごく熱いので要注意です。

ホテルの施設ではないので誰でも利用できます。先に関西からいらしていたご夫婦と一緒させていただき、旅の情報交換をしました。写真をたくさん見せていただきました。

次の機会はご夫婦がおすすめしてくれた白馬・岩岳に行きます!

岩岳は学生時代にスキーの大会でしか行ったことないので、秋の3段紅葉の季節にうまく合うといいなぁと思っています。

まとめ

今回は1泊15,000ポイントを使って2泊ともポイントで宿泊しましたが、SFCを活用できるのでまたリピート確定のホテルになりました。

  • ポイント泊でも、SFC会員の分は朝食無料にしていただけた
  • レストランは10%オフで利用できた
  • SFCのウェルカムドリンクも提供いただいた

SFCカードは絶対忘れずに持って行ってほしいです。そして、フロントでSFCカードを見せて提供いただけるサービスを確認しましょう!

私はSFCを見せなかったので、いろいろ手間を取らせてしまいました。まさか、ポイント泊なのに朝食無料にしていただけるとは思ってもいなかったので、最終的に会計は友人の分の朝食分をSFC付帯のANAカードで私が支払い10%オフにしていただけました。友人と朝食代も割り勘にしましたので、二人でお得に利用できました!

ホテルはスタンダードルームの部屋数が比較的多く、広い部屋から埋まって行く傾向があるとフロントの方がおっしゃっていました。デラックスルームの残室が少ない中で、今回ポイント泊にも関わらずアップグレードをしていただけたのでありがたかったです。

IHGのスパイアエリート+SFCカードホルダーはポイント泊でもあらゆるサービスを受けることができましたので、また紅葉の季節に行きたくて宿泊期間中に予約しちゃいました。

予約は早めがおすすめです。スタンダードルームが比較的多いので、ポイント宿泊が取りやすいホテルだと思います。

以上、ANAホリデーインリゾート信濃大町くろよんホテルの宿泊記でした。

この先、宿泊を検討されている方、すでに予約されている方の参考になれば幸いです。

別の記事で黒部ダムや大町、穂高エリアの観光や利用したフレンチレストランの様子なども紹介したいと思いますので、よかったらまたブログにお立ち寄りいただけたら嬉しいです。(これから執筆です)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Appendix:ANAホリデーインリゾート信濃大町くろよん宿泊概要