公開日: 更新日:

ANAフライングホヌ プレミアムエコノミー&カウチシート搭乗記 2019年9月

ANAのマイルを使ってエコノミークラスの特典航空券の予約をしました。往路はプレミアムエコノミーにアップグレードし、復路は追加料金を支払って日本の航空会社で初採用されたカウチシートを利用しました。初のフライングホヌ、とても楽しみにしていた搭乗だったので、搭乗記としてまとめました。

ANA エアバスA380フライングホヌ プレミアムエコノミー&カウチシート搭乗記

この記事では次の内容について綴っています。

  • 今回搭乗したフライト情報、予約シートのアップグレード
  • 往路、復路それぞれの搭乗記
  • ダニエルKイノウエ空港のラウンジの様子

 

搭乗便と予約シートのアップグレード

今回、ANAのマイルを使って予約した便です。

  • 9月12日(木)NH184 成田 20:10発  -> ホノルル 8:45着
  • 9月15日(月)NH181 ホノルル 13:00発  -> 成田 16:15着

 

予約は特典航空券として40,000マイルを利用してエコノミークラスを予約しました。

※2019年5月に開催されていたマイルバックキャンペーンを利用し、5,000マイルが12月に戻ってくる予定です。

往路はプレミアムエコノミーに3席の空きがあったので、プレミアム会員の特典を利用し、プレミアムエコノミーに無料アップグレードしました。窓側、29Kという座席を確保できました。

この無料アップグレードはプレミアム会員の特権ですが、2019年9月30日で終わってしまいますのでようやく、最後に利用することができました。今回、初めてプレミアムエコノミークラスを体験しました。

復路はカウチシート(3席利用)が1ブロックだけ空きがあったので、追加料金59,000円を支払い、カウチシートを一人で利用することにしました。

特典航空券でエコノミークラスを予約したのですが、特典航空券でもカウチシートはおさえることができることを知りました。せっかくの機会なので、残り1ブロックのカウチシートを利用してみることしました。

初のフライングホヌ2号機に搭乗(NH184便)

 

往路の機体はおめめが笑っているフライングホヌ2号機でした。やっと会えました!!嬉しい。

この飛行機に乗りたくて特典航空券を5月に予約し、ようやくこの日を迎えることができました。

往路はプレミアムエコノミー29Kという窓側の席にアップグレードしました。3席残っていたのですが最初は通路側しかなかったので迷っていたところ、ふと見たら窓側の席が空いたので、迷わず確保しました。

シートの幅はエコノミー席より約4mmだけ広いと聞きました。まぁほとんど変わりませんが、シートピッチが広くてよい感じでした。見苦しい足を一緒に失礼します。。

窓側の席は、物置スペースがあるのです。大きなものは頭上の棚にいれましたが、ちょっとした小物類はこのスペースに収納できます。

押すと開くので、肘をついてよく気づいたら開いてたりしますが、このスペースとても有効活用できますので、窓側の席がよいと思います。

A380フライングホヌの安全のしおり、そしてビデオは特別仕様です。

安全ビデオには、ホヌたちがでてきます。

離陸後、しばらくしてドリンクサービス、フードサービスがありました。プレミアムエコノミーはフードも選べます。

それから、ハワイ路線限定で、ブルーハワイカクテルもいただけますよ。

フードは洋食をチョイスしました。プレミアムエコノミークラスの食事はエコノミークラスとは違う食事になっていて、ワントレイですが、ちゃんとお皿に盛りつけられているのです。

前菜、凝ってますよね。ダックもホタテもいい感じでした。

メインはソフトシェルクラブとエビのソテーです。美味しかったですよー。

ブルーハワイも路線限定なので頼みました。食後にはアイスクリームも配られました。

食後にはデカフェをいただきました。

食事が終わると、翌朝の軽食パックが配布されて、消灯時間になりました。

みんなリクライニングをがっつりして眠りにつきました。さすがにリクライニングすると狭くはなりますが、でもシートピッチが広いしフットレストもあるので、足をあげて眠ることができました。

数時間眠ると、もう夜明けがやってきました。翼が太陽に照らされていて綺麗な夜明けを空の上から見ることができました。

着陸時間に近づいてきて、リクエストしていた搭乗証明書をいただきました。

初のフライングホヌの搭乗だと伝えたら、お子様に配っているというフライングホヌのおもちゃと絵葉書を一緒にいただきました。いい記念になりました。ありがとうございます。

ハワイにもうすぐ到着。2年ぶりのハワイ、フライングホヌで気持ちがさらにアップしました。

帰国便はフライングホヌ1号機(NH181便)

帰国便はカウチシートを予約しました。とっても楽しみにしていたのです。3席の枠が1区画だけ空席になっていたので、追加料金を支払ってキープしました。

59,000円でキープできるなんていいですよね。ただし、これはローシーズンプライスでハイシーズンは169,000円だそうです。

予約の条件として、以下のように定義されていて、今回の特典航空券(予約クラスX)も対象になっていました。

対象クラス(予約クラス):エコノミークラス(Y/B/M/U/H/Q/V/W/S/L/K/X)

1名でANA COUCHiiを利用する場合の価格です。

ローシーズン

  • 3席利用:59,000 円(590 米ドル)
  • 4席利用:92,000 円(920 米ドル)

 

ハイシーズン

  • 3席利用:169,000 円(1,690 米ドル)
  • 4席利用:252,000 円(2,520 米ドル)

 

エコノミークラスはすべて1階に座席があります。お隣にハワイアン航空が見えました。

事前にカウチシートの説明ビデオを離陸前に見て、注意事項などを把握しました。赤い紐は救命胴衣が収納されているので引っ張ってはダメだそうです。

 

3泊したハワイともお別れです。帰国便は昼便なのですごく機内が明るいです。

離陸してシートベルトサインが消えた後、通路側以外のレッグレストをすべてあげて、フットレストもフラットの位置までセットしてみました。シートピッチが通常のエコノミークラスより若干狭いのですが、フラットにするためなので前の席のシートとの隙間が埋まります。

ゆったり足を延ばしてミールサービスを待ちました。

すごーい!これ快適です! やっぱり3席を独り占めした上に、フラットになるので広いのです。

食事前のドリンクで、またまたブルーハワイとおつまみスナックをいただきました。

ランチサービスはカレーライスをいただきました。後述しましすが、ラウンジでもカレーをいただきましたが内容的に洋食をいただきたかったので、チキンカレーをチョイスしていただきました。

けっこうボリュームがありました。さらにマンゴーソルベのアイスも配られました。

フラットにしてベッドにしてみました。ここで少し寝不足だったので、数時間睡眠をとることにしました。ものがごちゃごちゃしていてすみません。

荷物も置いてあるのでちょっとわかりにくいかもしれませんが、シートの上に敷く少しクッションの入ったシーツを敷いて、枕も2つ。ブランケットはエコノミークラスのブランケットを利用します。横になって眠れる幸せ。。足も延ばせて快適そのものです!

着陸1.5時間前に軽食のサービスがありました。

ボックスにサンドイッチとフルーツ、チョコレートが入っていました。

路線限定のパイナップルジュースとともにいただきました。コーンスープを頼んでいる人が多かったようにも思いました。

帰国便でも搭乗証明書をいただきたくてリクエストしました。

一緒に子供用のスプーンとフォームのセットとタグを添えて、ラッピングまでしてくださっていただきました。ありがとうございます。いい思い出になり、とてもうれしかったです。

成田に近づいてきました。雨が降っていたようで、虹が見えました。ハワイでは珍しく虹を見なかったのですが、ここで見ることができました。

フライングホヌでのハワイ旅、終わっちゃいました。機内を出れるまでにエコノミークラスは待ち時間があるので、身支度する時間がたっぷりありました。

機内のライトが虹色になっていました。この飛行機に乗れてほんとによかったです。

機内を出て、搭乗したフライングホヌ1号機の写真を撮っているとコックピットから機長と副操縦士さんが手を振ってお見送りしてくれました。

安全に飛行してくれて本当にありがとうございました。また、乗りますのでその時はどうぞよろしくお願いします。

ホノルルにオープンしたSUITE LOUNGE

A380就航に合わせてハワイにANAラウンジがオープンしました。エコノミークラスの利用ですが、ダイヤモンド会員なのでANA SUITE LOUNGEを利用することができました。どのような様子だったかを簡単に写真で紹介したいと思います。

ここにはファーストクラス利用者とダイヤモンドメンバーやWミリオンマイラーの方など、限られた人しか入室できないスペースです。まず、受付で搭乗券を見せてラウンジに入室します。

カウンター右側がSUITE LOUNGEです。ここにもホヌがいます。かわいい!

そこそこ利用者もいましたが、座席がない!ということはありませんでした。

ゆりかごみたいなイスのエリアもありました。

ここで、前評判がよかったベジタブルカレーをいただきました。

このカレー、めちゃくちゃおいしかったですよ。ぜひチャンスがあれば、いただいてみてほしいです。野菜のうまみが凝縮されていて、お子様でも食べれる辛さでした。ハワイらしく、POKEもありました。

ドリンクもフードもいろいろ提供されています。シャンパンをいただきました。

スイートラウンジから、横にあるANAラウンジの様子を見ることができます。

ラウンジを利用できるチャンスのある方は、ぜひ立ち寄ってほしいです。ゲートC4付近にあるエスカレーターをあがると左手にラウンジが見えます。

まとめ

A380は大きな飛行機で、搭乗してすぐにハワイ気分が味わえるような雰囲気作りがされていました。安全ビデオもハワイ仕様で音楽もハワイアンで、普段の歌舞伎版とは異なる雰囲気でよかったです。

尾翼カメラから離陸や着陸の様子を見ることができるのがよかったです。特に帰国便は日中のフライトなので離陸後も着陸後も楽しめました。

A380のエコノミークラスは座席数が多いので、マイルでも取りやすいと思いました。

今回は就航記念で座席がある限り、特典予約ができるというキャンペーンをしていましたので、余計に取りやすかったのだろうと思いました。

ハワイへはレギュラーシーズンで一人40,000マイルでエコノミークラスの往復予約ができます。マイルを貯めてハワイに行くというモチベーションがあると、マイルを貯めよう!って頑張れますよね。

やっぱりマイルを貯めると飛行機代が浮きますし、浮いた分を別の贅沢に使ったりできます。ホテルをランクアップしたり、食事で贅沢したりできます。

せっかくマイルで旅が豊になるのですから、どこかで少し予算をかけて贅沢するのもありだと思います。マイルを貯めるために大活躍のANAカードはもはや手放せません。一気にANAマイルを貯めるならANAアメックスゴールドカードが一番おすすめです。

ANAマイルを75%還元率で貯める ソラチカ代替のTOKYUルートに注目

 

すぐにでもハワイに行きたい!という方はANAの国際線航空券をお得に予約する方法についてまとめたこちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

JAL・ANA国際線航空券をポイントサイト経由でお得に購入!2020年春旅

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。この先、フライングホヌに乗ってみたいな、マイルでハワイに行きたいな、って思っている方の参考になれば幸いです。