公開日:

JALマイル貯めるならポイントサイト”モッピー”のドリームキャンペーン

mile-de-ikou02

飛行機に乗らずにJALマイルを貯める方法

みなさんは日本の航空会社のANAとJALのマイルをどのように貯めていますか?

この記事では友人からのリクエストのあった、JALマイルの貯め方を主に紹介します。比較のために一部、ANAマイルの貯め方についても記載していますので、合わせて参考にしてみてください。

ANAマイルの場合はJALの場合と比較してもいろいろな方法がありますが、中でも高い還元率なのは「ソラチカカード」のポイントシステムを活用してマイルに高還元率で交換する方法です。テッパンルートなので多くの陸マイラーさんが実践されていて、私も参考にさせてもらっています。飛行機に搭乗せず、普段の生活での消費活動に少し工夫を加えるだけで10万マイルは軽く貯めることが出来ます。

JALマイルでも基本的な方法は変わらなくて、交換するための選択の違いだけなのです。

ちなみに、ANAマイラーの方は陸マイラー必携の「ソラチカカード」を2018年9月30日までのキャンペーンでお得に発行できますので、よろしければこちらの記事をご覧ください。

最大34410マイル獲得!ソラチカカードの入会はポイントサイトとマイ友プログラムでキャンペーン最大活用

さて、本題にまいりましょう

重要なのはポイントサイトの選び方

飛行機に乗らずにマイルを貯めるために「ポイントサイト」の存在はとても重要です。Tポイント、nanacoなどもそうですね。今は100以上ものポイントサイトがあります。Tポイントやnanacoのポイントをマイルに移行する場合、還元率が50%なので、半減してしまうのです。そこで、数あるポイントサイトからマイルを貯めることを目的として厳選したポイントサイトをご紹介します。

JALマイルを貯める場合・・・モッピー

ANAマイルの場合・・・ポイントタウンちょびリッチ

実はANAはたくさんのルートがあるのですが、ソラチカカードを持っていることが前提になります。ソラチカカードは81%の高還元率でマイルに交換ができるので、ANAマイラーには必携のカードです。

それ以外のポイントサイトもおすすめはあるのですが、三井住友VISAがポイント交換が必要なので、ソラチカ以外のクレジットカードを新たに発行せずにポイントサイトとLINEのアカウントがあれば交換できる上記の2つのポイントサイトをおすすめします。

そして、ちょびリッチの交換ルートで必要となるのが Gポイントです。

もしも登録されていない方は、モッピー、ポイントタウン、ちょびリッチ、Gポイントにそれぞれ最初に登録しておくと忘れませんので、登録を済ませておきましょう。

10分もかからずに4つのポイントサイトの登録は完了できますのまずは登録しておくことがスタートラインです。

ポイントの貯め方

ポイントの貯め方はそれぞれのポイントサイトを経由して、オンラインショッピングをしたり、旅行予約やホテル予約などのいろいろなサービスを利用するだけです。検索機能がついていますので、利用したいサービスを検索してみるとよいですね。とてもたくさんのサービスが提供されています。

複数のポイントサイトを利用している方は、ポイントサイトでお得なものを選んで利用するだけです。

例えば、楽天市場やヤフーショッピングで買い物する場合に、ポイントサイトを経由してショッピングをすることで、楽天ポイントの他にポイントサイトのポイントが貯まるという仕組みなので、還元率のキャンペーンが開催されていたりすることもあるので、ショッピングする際は比較してみてください。私が実践している方法を記事にしています。ANAマイルについて書いていますが、ポイントサイトが違うだけでやり方は同じなので、参考にしてみてください。

Smiley Traveler流 旅を豊かにするANAマイルの貯め方 4つの方法

JALマイルはモッピーの「ドリームキャンペーン」で80%の還元率!

2018年9月1日から終了日は現在定義されていないキャンペーンがあります。2017年に始まったキャンペーンで、ずっと今のところ期間が随時延長されているキャンペーンです。2ポイント=1マイルで交換できる「ドリームキャンペーン」です。

moppy2jal01

毎月、12,000ポイント交換すると6,000マイルになるんです。で、4500ポイントがプレゼントされるので実質80%で交換できる、という仕組みですね。

プリペイドカードの使い道は?

高還元率でJALマイルに交換するための条件の1つとして、モッピー公式のプリペイドカード「POINT WALLET VISA PREPAID」を持っていること、というのがあります。

結論から言いますと、プリペイドカードなので無料で審査なしで発行できるので発行しておけばOKです。

チャージがセディナカード以外ですと300円と有料なので、使い道はあまりないと言えます。発行しておくだけで(持っているという実績)、モッピー経由のショッピングで獲得したポイントが「最短5分で付与」というのが大きなメリットだと言えます。だいたい2ヶ月〜4ヶ月待たされますが、そのポイントが1日で有効になるというのが最大のメリットと言えます。

発行しておいて損はしませんが、使い道という意味ではかなり微妙だというのが私の感想です。私も早速、し込みしようと思います。持ってるだけですすぐにポイントが有効になるのが嬉しいところです。

ANAマイルはポイントをLINEポイントに集約するのがポイント

今まで、ソラチカカードを持っていなかった私は、三井住友VISAのワールドプレゼントで60%の還元率でマイルに交換していました。

でも、2018年8月にソラチカカードを発行したので、これからは81%の還元率で交換することができます。上限最大の216,000マイルの交換のためにソラチカルートを思いっきり活用しようと思っています。それをはみ出したポイントはまた別ルートで交換することも考えています。(まだ検討中なので、実行に移したら紹介します)

今はソラチカのキャンペーン中なので、2018年12月までのクレジットカード決済をソラチカカードに集中させていますが、キャンペーンが終わったらこのクレジットカードでの決済はせずに、交換ルートのために保有するという選択をとりたいと思っています。

#もっと効率よくポイントが貯まるカードは他にもあるからです。

LINEポイントに集約させるのに等価で交換できるのが、ポイントタウンとGポイントです。ただし、Gポイントは5%の手数料を取られますが、それをポイントバッグ(戻す)する方法があるので実質等価交換と言えます。

一番そのような心配をしなくてよいのがポイントタウンです。私も愛用しているポイントサイトで、おすすめです。

集約したLINEポイントをANAマイルへ交換するルート

つぎのような交換手順になります。

LINEポイント→メトロポイント(90%で交換)

100LINEポイントが90メトロポイントですね。

メトロポイント→ANAマイル(90%で交換)

先の90メトロポイント→81ANAマイル

メトロポイントをANAマイルへ交換できる1ヶ月の上限が20,000メトロポイントまでと決まっているので、この交換ルートで1ヶ月で貯まるマイルは18,000マイル。

年間で216,000マイルというのが上限になるということです。

この交換手順は画面キャプチャをとっていますので、別の記事で詳細手順を紹介する予定です。

まとめ

  • JALのマイルをポイントサイトのポイントで貯めるなら、モッピー一択。まずはモッピーに登録するところからスタートしましょう。
  • モッピー公式のプリペイドカード「POINT WALLET VISA PREPAID」は無理して使う必要はなく、保有しているだけでポイントがすぐに有効になるというメリットをいかすために発行すればOKです。
  • ANAのマイルをポイントサイトのポイントで貯めるなら、ソラチカカードの交換ルートをしっかり把握した上で選ぶのが重要なポイントです。
  • LINEポイントに等価で条件なしに交換できるのはポイントタウン。実質等価で交換できるGポイントの登録はマストです。
  • Gポイントはあくまでも中継として利用し、ポイントタウン以外にポイントを貯めるのにおすすめなのは等価で交換することができるちょびリッチです。

ANAでもJALでも飛行機に乗らずにマイルを貯める方法ってたくさんあるものですね。

外資系のブリティッシュエアウェイズであれば、ホテル予約、滞在で大量マイルが獲得できるので、JALの特典航空券にできますね。もしもホテル滞在することがあれば、こちらも参考にしてみてください。Aviosポイントが驚くほど大量に貯まりますよ。

30,000円のホテル代(2泊合計)で5,248マイルってすごすぎです。国内ホテルも海外もたくさん掲載されています。

Kaligoで予約ホテルにたったの2泊で5,248マイル(Aviosポイント)獲得

オンラインショッピングもポイントサイトを経由した方が絶対のお得だということを理解いただいたと思いますので、ポイントサイトのポイントを思う存分活用していきましょ!

モッピー!お金がたまるポイントサイト