2021年度版 マイル・ポイントを貯める・活用しやすいポイントサイト3選

こんにちは、にこ(@TravelerSmiley)です。

最近はホテル宿泊記が続いていたので、たまには別のネタを書いてみようと思いました。

海外旅行のみならず、国内旅行にも行きにくいコロナ禍。

節約したり、ポイ活(ポイントを貯めて活用すること)に興味を持っている方が増えてきたように思います。

TVメディアなどでも取り上げられていますしね。

せめて国内旅行でも、と思っても飛行機代やホテルの宿泊費用はかかります。

それをポイ活で補い、現地での食事やアクティビティを充実させるという旅行を目指す人、とても増えていると思います。

ただ、最初に取り組むときにどうしたらいいのかよくわからない!という悩み、ありますよね。私もそうでした。

  • 何からすればいいの? ポイントはどう貯めるの?
  • 貯めたポイントをどう使えばいいの?
  • 旅行資金として活用するには何をすればいいの?

そうなんです。私も何をすればよいのか、全然わかりませんでした。

よくわからない中で始めたので、登録しているポイントサイトは10以上あります。でも、実際使っているポイントサイトはその半分以下です。

ポイントサイトは知ってるけど、実際どれがいいのか?と迷う気持ちもすごくわかります。

そして、ポイントやマイルは貯めるだけではなく、しっかり貯めたものを使ってこそ価値が出ます。

「貯めやすいポイントサイトかどうか」

という点と

「自分の使いたいようにポイントが活用できるかどうか」

という点が登録しているポイントサイトからそれぞれ見えてきたのです。

約3年間のポイ活、陸マイラー活動で見えてきたこと、2021年から始まったポイントサイトの新たな取り組みを踏まえ、

陸マイラーとしての視点 x 貯めやすさの視点

を掛け合わせ、登録してポイ活すべきポイントサイトを3つに絞って選びました。

それぞれ、深堀りしていきたいと思います。ぜひ、最後まで読んでみてください!

登録しておくべきポイントサイトはこの3つ!

結論から行きましょう。登録しておくべきポイントサイト3つはずばり!

なぜこの3つがよいのか、それぞれ説明していきたいと思います。

この3つは最低限と言ってもいいほど、陸マイラーや旅行が好きな人にとって、好条件が整ったポイントサイトです。

それぞれのリンクから登録ができますので、登録しつつ、それぞれのポイントサイトの内容を実際に確認してみてください。

また、この3つのポイントサイトで獲得できるポイントは「1ポイント=1円相当」にあたりますので、すごく明瞭でわかりやすいのも特長です。

ハピタスはマイルに交換して活用!

陸マイラー御用達のポイントサイト「ハピタス」は、ANA、JAL、どちらのマイルを貯める人にとっても万能で、欠かせないポイントサイトであると言えます。

その理由は次の通りです。

  • ハピタスの会員ランクが最上級のゴールドになると、ANAマイルに交換するときに20%ものボーナスポイントがもらえる!
  • JALマイルへ直接ハピタスポイントを2ポイント1マイルで交換できる(最近始まりました)それにより、現在特別交換キャンペーンが開催されています!
  • ランクが最上級のゴールドになると、特別ボーナス付き案件が出てくる

 

私はANAマイルもJALマイルも欲しいので、マイルに交換するときにボーナスをもらえるのはすごくありがたいです。

特に、JALマイルへ直接交換、50%の交換レート(キャンペーン時は実質80%の交換レート)を出しているのは、ハピタスのみです。

引用元)ハピタスのポイント交換サイトより引用

交換までの日数は約25日となっています。このキャンペーンは2021年3月にJALマイル交換ルート開通記念で開始し、4月に入ってから第2弾が開催されています。実質80%での交換レートの仕組みは以下の通りです。

引用元)ハピタスのポイント交換サイトより引用

この例でいきますと、5,000ハピタスポイントのJALマイルへの交換レートは50%で計算され、2,500マイルに交換になります。

しかし、キャンペーンに先着順で参加することで、1,875ポイントをハピタスポイントにバックしてくれるのです。

3,125ポイントを2,500マイルに交換することになるので、交換レートは実質80%!

という具合です。

※キャンペーンでの交換ポイント上限は、5,000ポイントまでです。

ANAマイルの方を見てみると、ANAマイルへの直接交換はできませんので、交換ルートというものがあります。

引用元)ハピタスのドットマイル交換キャンペーンより

ANAは少し複雑ですが、この交換ルートで実質、8,000ハピタスポイントを7,500マイルに交換できるので、交換レートは93.75%になりますね!

この交換キャンペーンは2021年6月30日まで開催されていますが、継続されているので、7月以降も引き続き、利用できる可能性が高いキャンペーンです。

交換するために、以下が必要になります。

  • ANAカード(ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード)
  • .moneyのアカウント(無料で登録できます)
  • ハピタス経由で2,000ポイント以上広告を利用して通帳にポイント記録されること

以前は、ハピタス経由で広告利用のハードルがもっと高かったのですが、2,000ポイントまで大幅に下がり、交換しやすくなりました。また、モニター案件や楽天市場のショッピングは対象外など、条件が定められていますが、それでもクリアしやすい条件になりました。

ハピタスデーを活用しよう!

毎月8日、9日、10日の3日間はハピタスデーが開催されています。ポイント大幅アップ!というのも見逃せません。

特にハピタスアウトレットで日用品、パッケージ変更や賞味期限が近くなってきた食品などをまとめ買いするのにとても活用できるので、頻繁に利用しています。

ハピタスアウトレットは、このハピタスデーの3日間に限り12%のポイント還元をしてくれますので、頻繁に活用しています。

引用元)ハピタスアウトレット案件より

他にもポイントアップしている案件多数! 外資系ですとiHerbなんかも10%ポイント還元なので、大きいですね。

ランク制度でポイントがザクザク!

ハピタス内の広告を利用した回数、または獲得したポイント数に応じてランク制度が設けられています。ランクがあがると、獲得したポイントに対して追加のボーナスポイントがもらえるという制度です。

ランクは以下の3つで、6ヶ月間のハピタスの広告利用実績で確定し、達成した翌日から新しいランクになります。

  • ゴールドランク:広告利用での有効が20回以上、または獲得ポイント10000ポイント以上
  • シルバーランク:広告利用での有効が5回以上、または獲得ポイント2500ポイント以上
  • ブロンズランク:広告利用での有効が1回以上、または獲得ポイント1ポイント以上

 

例えば、人気のdカードゴールドを発行すると、それだけで23,500ポイント獲得できるので、一気にゴールドランクになるというわけです。

ハピタスの活用術は、これだけにとどまりません。ここで書き出したらもうきりがないくらいたくさんあります。

ハピタスに登録してお気に入り広告やポイ活でどんどん活用して欲しい、一押しのポイントサイトです。

ハピタスに登録 ▶︎

 

モッピーはホテルポイントへの交換で活用!

ハピタスと同様に、ANA、JAL両方のマイルに交換もできますが、ホテルのポイントへの交換に対応しているポイントサイトは「モッピー」です。

2020年12月、外資系ホテルグループである「マリオット・ボンボイ」というマリオット系列のホテルグループのポイントへ等価で直接交換できるようになったと発表がありました!

 

引用元)モッピーのポイント交換ページより:https://pc.moppy.jp/cashback/

マリオットだけでなく、モッピーのポイントは一休.com/一休レストランポイントでも利用できるポイントに等価交換することができます。

引用元)モッピーのポイント交換ページより:https://pc.moppy.jp/cashback/

ポイント交換までの日数が少ないのもありがたいです。

マリオット系列ホテルは、外資の中でもホテル数はダントツで、日本国内にも2021年4月時点で、63のホテルがあります。

旅行計画をするときにはホテル選びも必要になりますので、ホテルのポイントに交換できるという点がモッピーならではの特長です。

では、モッピーのマイル交換はどうでしょうか?

昔からの陸マイラーさんは必ずと言っていいほど登録しているポイントサイトですが、やや高めのハードルがあるのでホテルポイントに交換するのが得策です。

そのハードルというのは、「15,000ポイント以上のモッピー広告の利用をする」という点です。マイルへの交換レートは良いのですが、以下の条件がややネックになると個人的には思います。

  • 「JALドリーム」マークのついた広告を、合計15,000P以上利用。
  • 1回の交換で、12,000PをJALのマイルに交換、または1回の交換で10,000Pを.moneyに交換してANAマイルへ移行する。

この2つを同月内に達成する必要があります。

15,000ポイント以上利用して、同じ月内に高いポイントを交換するのはかなりハードルが高いです。

交換レートを無視すれば、ANAの場合のみですが75%の交換レートで交換できるので、マイルに交換したい場合は、素直にANAマイルに交換するのがおすすめです。

モッピー ⇒ドットマネー ⇒ TOKYUポイント ⇒ ANAマイル

TOKYUポイントからANAマイルが75%の交換レートになりますが、それ以外は100%の等価交換が手数料無料でできます。

おすすめは、飛行機のマイルはハピタスで、ホテルはモッピーで交換という使い分けです。

 

モッピーに登録 ▶︎

毎月13、14、15日はモッピーの日!

ハピタスの日と被らないように設定されたモッピーの日は、毎月13、14、15日の3日間開催されます。

マリオット系ホテルの還元率が5%と非常に高くなったり、ジャルパックの旅行予約サイトが1.7%と、他のポイントサイトより還元率が高く設定されています。

毎月テーマによって還元率が高くなる広告が変わるので随時チェックしてみるとよいです。

例えば、4月のモッピーの日では母の日に向けたギフト商戦があるので、花を取り扱っているサイトは高く還元率が設定されたりします。

季節の行事にも合わせて還元率が毎月変わって行くので、要チェックです。

 

モッピーは旅行予約、無料会員登録、クレカ発行で貯める

モッピー経由でのオンラインショッピングはもちろんですが、他のポイントサイトよりお得な還元率のサイト(JALショッピングは2.1%還元)があります。

旅行予約サイトでお得な還元率になっているものをいくつか紹介します。

  • じゃらん(遊び体験)・・・3%
  • マリオットホテル予約・・・4%
  • 一休・・・0.7%(低いですがハピタス、ライフメディアより還元率がよい)

ホテル宿泊やアクティビティの予約金額は大きいので、ポイントサイト経由で予約した方が絶対にお得です。還元率の高いモッピー経由で予約するのがおすすめです。

そして、無料会員登録でもポイントが貯まります。以下はほんの一例です。

引用元)モッピーの無料会員登録カテゴリの掲載広告一覧より

クレカ発行は、1日限定で高騰する傾向がありますので、要チェックです。今一番ホットなのは、年会費無料の三井住友ナンバーレスカードの10,500ポイントです!

引用元)モッピーに掲載されている三井住友ナンバーレスカードの広告より

モッピーに掲載されている広告もいろいろチェックしてみてください!

 

モッピーに登録 ▶︎

 

ライフメディアは5と0のつく日を狙う!

ライフメディアは高額案件が出てくるポイントサイトであり、さらにオンラインショッピングでも活用メリットのあるポイントサイトです。

2021年からこれまでになかったいろいろな取り組みが始まりましたので、紹介します。

ショッピングデーを活用して貯める

5と0のつく日がショッピングデーになっていて、毎月ライフメディアからこのキャンペーンに一度エントリし、ライフメディア経由で5と0のつく日にショッピングすると、ハズレなしでボーナスポイントがもらえます。

引用元)ライフメディアのキャンペーンページより

2月以外は6回ありますので、6回チャンスがあるのです。(5、10、15、20、25、30日)

ライフメディアのショッピング広告を利用した人、全員にボーナスポイントをプレゼントしてもらえるという太っ腹な企画です。

10円相当のポイントがエントリした人全員がもらえます。6回のチャンスがあるのですから、6回ライフメディア経由でショッピングすると、最大60ポイントもらえることになります。

ライフメディアに掲載されている楽天市場の広告は他のポイントサイトと同様でライフメディアポイント1%還元なので横並びです。

1%ということは、1000円のショッピングをしたら10ポイント貯まるわけです。これはどのポイントサイトも一緒です。

ですが、ライフメディアを経由して5と0のつく日にショッピングすることで、10ポイントのボーナスポイントがもらえるので、他のポイントサイトと比較したときにお得になるのです。

さらにショッピング広告を利用した人の中から抽選で100名に1000円相当のポイントが当たるという抽選もあります。

楽天市場やヤフーショッピングもこの日に合わせてポイントアップしていますので、この日をピンポイントに狙ってライフメディア経由でショッピングをするといいですね。

高額クレカ案件で一撃!ポイントを大量に貯める

ライフメディアに掲載されているクレジットカード案件、実はどのポイントサイトよりも高額に設定されていることが多いのです。ハピタス、モッピーと切磋琢磨している感じです。

 

楽天カードも楽天の新規入会キャンペーンに合わせてライフメディアでは、毎回獲得できるポイントがアップしています。

年会費無料のクレカを発行して大きく貯めるという方法もありますが、新規で入会する時のみに使える方法なので、各カード一度っきりです。

また、クレジットカード発行には審査があるので、1年の間に何枚も手続きすると審査に通らなくなることもあるので、注意しながら活用するのがベターです。

貯めたポイントはANAマイルや家電ショッピングで活用

ライフメディアで貯めたポイントの活用ですが、以下の2つがよいです。

  • ANAマイル(.money経由)での交換
  • 旅行に欠かせないガジェット類(カメラとかマイクロSDカードなど)を購入

 

ANAマイルへの75%のレートで交換するには、ハピタスのマイル交換でもお伝えしましたが、以下の2つが必要です。

  • ANAカード(ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード)
  • .moneyのアカウント(無料で登録できます)

 

ハピタスやモッピーのように広告利用によるボーナス還元はないので、素直に貯めたポイントを交換レート75%で交換することができます。

ライフメディア ⇒ドットマネー ⇒ TOKYUポイント ⇒ ANAマイル

TOKYUポイントからANAマイルが75%の交換レートになりますが、それ以外は100%の等価交換が手数料無料でできます。

引用元)ポイ探検索結果より

ハピタスやモッピーで貯めたポイントも広告利用によるボーナス還元を無視すれば、75%の交換レートで交換することができます。

「交換率が50%でもよい!」という場合は、ANAカードは必要ありません。その場合、東急ポイントからANAの交換のところで50%のレートになります。

また、家電ショッピングでおすすめな理由ですが、nojimaで使えるポイントに交換するとき、1.5倍で交換できるというのがメリットです。

10,000ポイントをnojimaのポイントに交換すると、15,000円分のショッピングに使えるnojimaのポイントに交換することができるのです。

ポイント利用は、nojima店舗での利用に限られていますので、nojimaが近隣にある場合、ライフメディアから交換したポイントを利用して、お得に旅行に必要なガジェット類や家電を購入することができるのです。

ライフメディアに登録 ▶︎

まとめ

マイルやポイントをたくさんためて旅行で使うことを目指すためのポイ活として、登録をしておきたいポイントサイトを3つご紹介しました。

3つとも登録して活用してみるのがおすすめですが、試しに1つだけとりあえず始めてみたい!ということであれば、広告を利用した分ランクがあがっていく「ハピタス」がおすすめです。

マイルに交換しやすい好条件の整っているハピタス以上によい条件で交換できるポイントサイトは今のところ他にありません。

ポイントが貯まってきたら、ANA TOKYUカードに入会して、マイルをどんどん交換していけばOKです。まずは、ポイントを貯めることから始めてみるとよいです!

残念ながら、現在はこのクレジットカードをポイントサイト経由では扱っていないので、直接入会するしかありません。。

3つ登録したけど、どの広告を利用するときにどのポイントサイトがお得なのかを調べる方法があり、「どこ得」というサイトを活用しています。

とてもシンプルなサイトで、例えば発行したクレカの名前を入力して検索すると、そのタイミングでどのポイントサイト経由で発行すると一番お得なのかをすぐに調べることができますので、うまく活用するといいです。

クレジットカードはハピタス、モッピー、ライフメディアは上位に掲載されることが多いです。ショッピングについては、得意なものがそれぞれ違うので、検索してみるといいですよ。

私自身も陸マイラーのことを知る前までは、ポイントサイトの存在を知りませんでしたし、どのように活用すればよいのかもわかりませんでした。

知らない人の方が圧倒的に多いのです。ポイントサイトへの登録がマイルやポイント獲得へ始まりです。

早速登録して、ポイントサイトがどういうものなのか、実際に貯めて、交換して、理解を深めていってほしいな、と思います。

こんな世界があったんだ!

 と目から鱗、間違いなしです。

 

ツイッター(@TravelerSmiley)で高い還元率でお得な広告が出たときにつぶやいていますので、ぜひツイッターの方もチェックしてみてください。

以上、マイル・ポイントを貯めて活用するために登録しておきたいポイントサイト3つの紹介でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
また、当ブログに遊びにきてくれたら嬉しいです!

執筆者:Smiley Traveler にこ(@TravelerSmiley