公開日: 更新日:

贅沢三昧!Intercontinental Kuala Lumpur宿泊記(2019年1月)

IHGクアラルンプール

こんにちは、Smiley Travelerです。

今回の旅で2泊滞在しました。クラブインターコンチネンタルもマレーシアでなら手が届くと思い、予約しました。私はスパイアエリートというIHGグループの最上級会員ホルダーだったこともあってか、なんとエグゼクティブ・スイートにアップグレードしていただき、さらに快適な滞在になりました。一言で言うと「ホテルから出たくない!」いや、「部屋から出たくない!」っていうくらい快適な空間でした。

こんなチャンスはなかなか作れませんので、スイートルームの部屋にほぼ居座っていましたが、ラウンジやジムなども利用したので、滞在記と言うよりは写真でどんなお食事をいただけたのか、ジムの様子がどのようなものだったのかなどを紹介したいと思います。

クラブインターコンチネンタルのサービス

クラブインターコンチネンタル指定で部屋の予約をすると、専用ラウンジを利用することができます。ラウンジは6:00〜23:00までオープンしていて好きな時間にラウンジエリアを利用することができます。

  • 専用ラウンジでのチェックイン・チェックアウト
  • 朝食の利用
  • HI TEAの利用
  • カクテルタイムの利用

 

事前にメールで「26階でチェックインするので来てください」と連絡をもらっていました。朝早く到着することを伝えておいたからか、ホテルに入るとすぐに声をかけていただき、名前を伝えると26階に案内してくれました。スイートルームに滞在する人の情報はちゃんと伝わっているのかな、と思いました。

カウンターに到着すると、すぐに飲み物を運んでくれました。オレンジジュースをお願いして、チェックインのオペレーションを待っていました。IHGグループサイトで1泊あたり5,000ポイントボーナスプランの予約をしていて、現地精算だったのでチェックイン時はクレジットカードにデポジットをつけて手続きは終了しました。

ラウンジ以外のサービス

今回、ラウンジでのサービス以外に以下のサービスが利用できました。

  • 1Fのカフェエリアでの朝食(ラウンジでもいただけますが種類はカフェの方が多い)
  • 1日に3着分のランドリーが無料(これがすごく良かったです)

スイートルームでのサービス

IHGスパイアエリートであったこともプラスになり、スイートルームでの滞在ができました。

  • デイタイムとイブニングタイムのルームサービス
  • 無料のお水の提供(どんどん置いてくれました)
  • illyのカプセルタイプのコーヒー(これもどんどん置いてくれました)

 

部屋の様子はアップグレード結果をレポートしたこちらの記事で紹介していますので、ご覧ください。

 

IHGスパイアエリートアップグレード検証クアラルンプール編(2019年1月)

クラブインターコンチネンタルでの食事

チェックイン後、ホテルから一歩も外に出ませんでした。何せスイートルームですからホテル滞在を満喫したいと思いました。朝9:00過ぎにスイートルームにチェックインさせていただいてから、2日半存分に満喫させていただきました。クラブインターコンチネンタルでいただいた食事を紹介します。

到着日の朝食

朝の9:00にスイートルームにチェックインさせていただきました。「朝食は今食べますか?それとも部屋に一度行ってからにしますか?」と聞かれ、一度部屋を見たかったので、部屋に荷物を置いてから朝食をいただきました。スーパーアーリーチェックインですよね。まさか初日から「朝食どうぞ」なんて素晴らしすぎます!

ラウンジでいただきました。卵料理はオムレツを頼みました。中にチーズとオニオンを入れてもらいました。サラダやハムなどはビュッフェスタイルになっていて、自分で好きなものを取ることができました。

IHGクアラルンプール

デニッシュやフルーツもありました。

IHGクアラルンプール

クッキーはいつでも置いてあって好きな時にいただくことができました。

IHGクアラルンプール

HI TEAタイム

ランチ代わりに14:30〜16:30まではHI TEAをいただける時間帯でした。初日は16:00くらいに行きました。すると、すぐに何が飲みたいかを聞かれ、HI TEAを用意してくれました。メニューはこのようにドリンクメニューとHI TEAメニューがありました。

IHGクアラルンプール

どどーん、とやってきました。HI TEA!

IHGクアラルンプール

もちろん、HI TEAには欠かせないあたたかいスコーンもありました。

IHGクアラルンプール

この贅沢な遅いランチを満喫させていただきました。ちなみに、2日目のHI TEAは紅茶とお皿に盛った形で提供していただきました。

IHGクアラルンプール

カクテルタイム

そして、アルコールが提供されるカクテルタイムです。初日は、HI TEAの時間が遅かったので19:00くらいに行きました。ワインとともに、軽食を少しいただきました。

IHGクアラルンプール

2日目のカクテルタイムでは、紅茶のカクテルをいただきました。

IHGクアラルンプール

ちょっとした暖かい食べ物の提供もあって、1日目は気づくのが遅くていただけなかったので、2日目にいただきました。ニョニャ料理で魚とチキンのミニディッシュです。これがすっごく美味しかったのです!

IHGクアラルンプール

それから、2日目はデザートもいただいてみましたよ。カラフルなコーティングが施されたダークチョコレート、そしてあずきとミルクのデザートをいただきました。

IHGクアラルンプール

朝食は、カフェ”Serena Brasserie”で

スイートルームのベッドの寝心地は最高で、目覚ましをセットせずに朝を迎えるこの贅沢な時間の使い方。9:30にカフェに行き、朝食をいただきました。

席に案内していただき、コーヒーを頼むとポットで持ってきてくれました。アメリカンコーヒーで薄めのコーヒーでした。

こちらにもエッグステーションがあって、オムレツをつくってもらいました。デニッシュ、サラダ、ソーセージやボイル野菜など、前日の夜を軽く住ませてしまったので、お腹がとっても空いていたので、ペロリと平らげてしまいました。

IHGクアラルンプール

フィットネスエリア

滞在先でジムやプールを使ったことは今まで一度もありませんでしたが、今回初めて、ジムを利用してみました。ジムの様子とプールはプールサイドの様子を紹介したいと思います。ちなみにら5階にはジム、プール、そしてスパがありました。スパは利用しませんでしたが、60分のアロママッサージや指圧マッサージは日本円で約7,000円でリーズナブルだと思いました。

5階のジムは広くて独り占め

滞在先でジムの利用をすることなんて今まで一度もありませんでした。というのも、日中は観光したりして、ジムを利用する時間なんてありませんでした。今回はホテルのジムがどのようになっているのかと思い、初めて利用してみました。宿泊者しか利用できないように、入口はルームキーをかざすと開くようになっていました。広々とした空間に誰もいないという。昼間だし、みんな出かけているよね。

こちらは、ランニングマシン。

IHGクアラルンプール

エアロバイクやステッパーなどもちゃんとありました。

IHGクアラルンプール

ウエイトトレーニングエリア

IHGクアラルンプール

これ以外にバランスボールやストレッチ用のヨガマットもちゃんと備わっていました。そして、手ぶらでジムの利用ができるようにお水とタオル。

IHGクアラルンプール

さらにはリンゴもありましたよ。

IHGクアラルンプール

すばらしいホスピタリティです。

ジムで30分のウォーキング、そして少し筋トレしてきました。普段の運動不足からもちろん筋肉痛になってしまったのは言うまでもありません。

プールはくつろぎの場

同じく5階からは屋外プールに行けました。プールは利用しませんでしたが、ジムを利用したあと、どんな雰囲気なのかを見てきました。

IHGクアラルンプール

プールはどちらかというとファミリー向けのような印象でした。浅い場所と深い場所がありました。泳いでいる人は誰もいなくて、プールサイドのチェアでパソコン仕事している人が何人かいました。場所を変えて仕事してるのですね。なんかいいかも!

夜はカウンターもあったので、ドリンクを提供しているのかな?とは思いました。

まとめ

  • インターコンチネンタル・クアラルンプールはとても素晴らしい滞在の機会をくれまして、ホテルステイという旅のスタイルがとても好きになりました。予算が許すならば5泊滞在したかったくらいに最高の時間をホテルで過ごすことが出来ました。
  • クラブインターコンチネンタルラウンジを利用して思ったのは、欧米諸国や中国の方々はホテルをビジネスの場所として活用しているということでした。非日常のリラックスした空間でビジネスミーティングをしたり、食事をしながら交流を深めたりと、日本で私がつとめている会社の日常の業務では絶対にあり得ない光景でした。
  • スタッフの方の対応が総じてとても素晴らしかったと思いました。クラブインターコンチネンタルのスタッフの方々の挨拶もそうなのですが、エレベータホールですれ違ったスタッフ、チェックインの際に案内してくれたスタッフ、ランドリーを運んできてくれたスタッフ、クラブインターコンチネンタルのスタッフはみんな礼儀正しかったです。ラウンジではパソコンで作業している時など集中しているときは決して邪魔したりしないのです。
  • 今回の滞在は、1泊あたり5,000ボーナスポイントが獲得できるプランだったこともあり、来年のスパイアエリート維持に向けて、好スタートとなるポイント獲得ができました。スパイアエリートまで、75,000ポイントをカレンダーイヤーのうちに獲得すればよいのです。この2泊の滞在で、約19%の達成率です。

 

IHGクアラルンプール

インターコンチネンタルホテルは今回の滞在で改めてとてもいいホテルだと思いました。日本でもいつか東京や横浜のインターコンチネンタルのクラブインターコンチネンタルを利用したいなと思っています。国によって違うと思いますし、またリゾート地である沖縄や石垣島、海外であれば一度は絶対に泊まってみたいと思っているダナンのスイートルームも見てみたいと思っています。ぜひ、ワールドワイドのインターコンチネンタルホテルをチェックしてみてください。すてきな滞在ができると思います!

IHG: インターコンチネンタルホテルグループ

また、2019年もIHGグループホテルにはお世話になり続けると思います。キャンペーンが頻繁に行われているので、IHGスパイアエリートを目指すのはハードルが低いのではないかな?と思っています。

IHGグループは頻繁にキャンペーンをしています。情報は以下のバナーからもチェックできますので、ぜひご覧ください。気に入ったホテルを見つけられたら嬉しいですよね。日本国内にIHGグループホテルは他の外資系ホテルと比べても格段にホテル数では圧倒しており、とても利用しやすいと思います。もちろん海外でもHoliday Innブランドなど滞在しやすい価格設定のホテルもたくさんありますので、目的に応じてホテルステイを充実したものにできたらいいですよね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。