公開日:

シドニーに行ったら絶対に食べたいもの&お手頃な観光 2019年8月版

シドニーフェリー

シドニー滞在中、絶対に食べたいもの、観光手段で抑えておいたほうがよい!と思ったことを私見で選びましたので紹介したいと思います。

完全に私、個人の趣味ですが、写真とともに紹介したいと思います。

シドニーに行ったら絶対に食べたいもの&お手頃な観光

この記事では以下の内容について紹介しています。

  • オイスター好きなら断然フィッシュマーケット
  • 市民の足、フェリーでお手頃観光をする方法
  • サーキュラーキーのジェラートやさん
  • 平日のロックスは落ち着いて食事できる穴場

 

オイスター好きなら断然、フィッシュマーケット

シドニーはシーフードが美味しいですね。特にオイスターはフレッシュで有名です。

管理がしっかりされているので、あたる心配もありません。

ですが、レストランでオイスターを食べるとめちゃくちゃお値段が跳ね上がります。

オイスター好きなら、オイスターはたくさんいただきたいですよね?(あれ?違いますかね?)

私はたくさん食べたいと思ってしまうタイプです。しかも「新鮮なオイスターをリーズナブルにたくさん食べたい!」のです。

ならば、絶対にフィッシュマーケットに行きましょう!

Sydney fish market

 
行き方:セントラルからライトレールで、Fish Market駅下車 徒歩5分

 

到着したら、一番大きな建物に行きましょう。市場に入って右手にPeter’sというフレッシュ・シーフードを扱っている大きな店舗があります。

Sydney fish market

とにかく大きい店舗です。たくさんの人がここでお買い物をしています。

Sydney fish market

パシフィックオイスター、ロックオイスターをリーズナブルな価格でいただけます!

オイスターコーナーにならんでいるのは2種類のオイスター。こちらはロックオイスター。

Sydney fish market

 

パシフィックオイスターとロックオイスターのみなので、半ダースずつ頼みます。

 “What would you like ?”

と聞かれたら、

 “Half dozen each, please.” 

でOKです。

6個ずつ、合計12個ですがこのくらいなら、一人でもぺろりといけちゃいます。ラップにくるんでくれます。

Sydney fish market

日本の岩ガキと違って、シドニーのロックオイスターはとても小ぶりで、ぎゅぎゅっとうま味が凝縮されているのが特徴で、あっという間に全部食べれてしまいます。

レモンとミニフォークも添えてくれます。

これを、屋外でいただくのです。 オイスター好きにはたまらんですよ!

Sydney fish market

美味しいですよー! いっただきます!

Sydney fish market

ほかにも、刺身も欲しい分量だけカットしてくれて、グラム売りしてくれます。サーモンは脂がのってて本当においしいので、サーモンもぜひ食べてみてほしいです。

調理してくれるお店がありますが、実はまだ利用したことがありません。フレッシュなものをフレッシュなままその場でいただく! これがフィッシュマーケットの嬉しいところです。

市民の足、フェリーで海からシドニーを眺めよう!

ハーバーブリッジとオペラハウスを同時に眺めて写真撮影にももってこいなミセスマッコリーズポイント(Mrs. Macquarie’s Point)は実に有名です。

フェリーからの眺めもよいのでおすすめです。

フィッシュマーケットから歩くこと15分ほどで、ピアモント・ベイ・ワーフ(Pyrmont Bay Wharf)に行けます。ここで、Opalカードの登場です。

ピアモント・ベイからサーキュラーキーまでフェリーで移動することができます。

しかも各ワーフに停車しながら向かうルートなので海からのシドニーの眺めを満喫することができるのです。

シドニーフェリー

ベイエリアの開発が進んでいます。

シドニーフェリー

そしてハーバーブリッジの向こうにオペラハウスが見えます。

シドニーフェリー

夕方は振り返ると夕日がきれいです。

シドニーフェリー

ちょっとした観光船気分ですが、市民の足なのです。AU$6.12で乗船することができます。※2019年8月現在

海から見るオペラハウスもきれいでいいものです。

オペラハウス

それから、もう一つ。私が宿泊したダブルベイのエリアからサーキュラーキーに向かうルートもすごくよい眺めでした。ちょっと雰囲気が違いますよね。

シドニーフェリー

 

このルートは昼間は1時間に1本しかフェリーが出ていませんので、時間は要チェックです。

サーキュラーキーに近づくとダウンタウンの眺め。タワーアイも見えます。

シドニーフェリー

そして、またまたオペラハウスです。ほんと、絵になります。

シドニーフェリー

ダブルベイワーフの近くのベンチでは、近所で仕事をしているサラリーマンたちがのんびりランチボックスを食べたり、地元の方が読書をしたり、犬の散歩に連れてきたりと、すごく穏やかなエリアで静かに過ごしたい人にはお勧めの場所です。

シドニー・ダブルベイ

ダブルベイからちょっと高台に行ったところからの眺めがすごく素敵でした。

シドニー・ダブルベイ

サーキュラーキーのジェラートやさんは待つ価値あり!

サーキュラーキーでフェリー出航までに時間があるようでしたら、いや、1本遅らせてでも食べてみてほしいジェラート屋さんです。どれもおいしそうで迷ってしまいます。

一番小さいカップでオーダーしたのですが、こんなにたっぷりよそってくれます。

ジェラート

ウマウマです。たくさんのフレーバーがあるので、お気に入りフレーバーを探してみてください!

ロックスの「ど平日」は寂しいけど、ゆっくりできる

週末はマーケットが開催されるので、とってもにぎわっているロックスですが、月曜日はガランとしていてすごく寂しい印象でした。

ロックス

前回、シドニーに行った際にロックスを歩いたのはまさに日曜日で、たくさんの人であふれかえっていましたが、レストランもスタッフの方が入り口で客引きをしているほど、閑散としていました。

平日のランチタイムのレストランは穴場です。こちらのレストランで、ステーキをいただきました。

ロックスのレストラン

このステーキ、めちゃくちゃおいしかったですよ。ケッパーを使ったソースがかけられていました。

ステーキ

見た目だけでは味の想像ができませんでしたが、まろやかだけど、ちゃんと塩分のあるソースでいまだかつて食べたことのないソースの味でした。が、これが抜群にステーキにマッチしていて美味しかったのです。BBQソースならばどこでも食べられるし想像できる味ですが、このソースにハマりました。

ここ、次回行くことがあった場合にもまた食べたいくらいのお気に入りになりました。

ロックスらしくないロックスで穏やかに、のんびりと過ごすには「ど平日」の昼間がよいみたいです。

ロックス

まとめ

今回のシドニー滞在は、平日(金曜日と月曜日)だったこともあり、のんびりとマイペースで過ごしました。

フェリーを活用して目的地へ移動しつつ、海風を浴びながら景色を眺めるのは、やっぱりいいものです。

Opalカードを空港で必ずゲットしておきましょう!チャージはコンビニでも、フェリー乗り場でもできます。Opalカードのアプリがあるので、それもあらかじめダウンロードしてカード番号を登録しておくと、残高もわかりますし、Trip Plannerというルート検索機能も使えてとても便利です。

シドニーの観光は中心部でも楽しめますが、初めて行くとなるとやっぱり世界遺産のエリアへちょっと遠出もしたいですよね。

ブルーマウンテンポートスティーブンスなど、郊外でも楽しめます。

2017年になりますが、それぞれ現地ツアーに参加した際のレポートを紹介していますのでよかったら、ご覧ください。

はじめてのシドニー(2) 現地観光ツアーでブルーマウンテンズの絶景を満喫(2017年8月)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。シドニー滞在時の参考になれば幸いです。